「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

カテゴリ:arabonのできるまで( 52 )

ありがとうございました。

d0259360_23411184.jpg
山ノ上マーケットから一週間、なんとかARABONオープンにこぎつけました。ゴールデンウィークの改装から山マーのプレオープンまで、ご協力くださったすべての皆様、本当に有り難うございました。

d0259360_23323925.jpg
こどもたちと手をつなぎながら毎日通った保育園の坂道にある小屋。いつかここで何かできたらな…と思っていつもながめていました。本当にたくさんの方に助けていただき、その願いが形になり感謝の気持ちでいっぱいです。
d0259360_23351645.jpg
二十代半ばで結婚出産を経験し、つれあい以外は誰も知り合いのいない童仙房で子育てと焼き物の仕事の手伝いに明け暮れた十数年。長男が高校で寮生活を始めた同じ年に、こうして新たな船出を迎えられたのは自分の意思ではない自然の流れによるものに思えてなりません。
d0259360_2346162.jpg
オープン前日、ある方がお参りをしてくださいました。お供え物のお米、お茶、果物、お花、そして器もすべて地元産って豊かな事だなぁ。
d0259360_23565552.jpg
d0259360_23581833.jpg
d0259360_034815.jpg
前日準備もそこそこに、納品に来て下さった作家さんや、案内状をわざわざ届けて下さったギャラリーのオーナーと話込む。そして最後の追い込みは夜中まで。ひとりで作品と向き合える一番楽しい時間でもありました。
d0259360_0114163.jpg
d0259360_012811.jpg
d0259360_0123468.jpg
オープン当日、記念すべきお客様第一号は有難いことにお隣の木工所のおふたりでした(笑)
d0259360_0275972.jpg
d0259360_0255091.jpg
d0259360_0254211.jpg
d0259360_0245480.jpg
d0259360_0363641.jpg
d0259360_0325564.jpg
d0259360_0322344.jpg
d0259360_0302235.jpg
d0259360_03004.jpg
d0259360_0292682.jpg
これらの作品の作者がみんな村人なんておもしろい!!この事をもっとたくさんの方に知って頂く努力をするのがARABONの使命のひとつです。
d0259360_0393581.jpg
d0259360_0393838.jpg
d0259360_0392132.jpg
d0259360_0564193.jpg
ゆったりと作品とむきあったり、のんびり田んぼを眺めたり、子育て真っ最中のちょっとした息抜きに。どうぞ、一日ゆっくりしにいらしてください。
d0259360_0582520.jpg
d0259360_0591153.jpg
d0259360_0593997.jpg
d0259360_102256.jpg
d0259360_1143977.jpg
何回分のお誕生日でしょう!!たくさんのおめでとうのお言葉をいただき、本当にありがとうございました。
d0259360_1224039.jpg

d0259360_1242733.jpg

d0259360_1251355.jpg
お隣の田んぼでは倒れた稲を手で刈って束にして干す作業を一日中されてました。こつこつと、ゆったり、いそがず、ていねいに。ARABONもそうありたいです。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-09-02 01:34 | arabonのできるまで | Comments(0)

山ノ上マーケット 2012 目前です。

d0259360_20583497.jpg
8月25日は第4回山ノ上マーケット。春から準備を始めたARABONのプレオープンでもあります。入り口の外灯にあかりが灯りました。もちろんLEDの白熱球型です。
d0259360_2124214.jpg
ささやかな灯り。
d0259360_2132645.jpg
街からのお客様のシュミレーション。ドキドキ、いらっしゃいませ。
d0259360_2152615.jpg
今日のミーティングは山マー当日マップの最終打ち合わせ。ミリ単位の微調整です。
d0259360_2181366.jpg
下駄箱を白で塗る。大河原小学校から田山小学校、そして野殿童仙房小学校にやってきた下駄箱。浮き出た木目に歴史を感じます。
d0259360_21105514.jpg
夕暮れの外灯。
d0259360_21113471.jpg
マーケットまであとわずか。当日は村在住の四人の作家とデルベアのかき氷がアラボンで出展します。
d0259360_21142083.jpg
ゆっくり遊びにいらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-08-21 21:20 | arabonのできるまで | Comments(0)

あかりが灯る。

d0259360_20332016.jpg
信楽の電気屋さんチーム。普段のお仕事と違い、古い電気器具の設置に頭を悩ませてしまったかな?
d0259360_20371972.jpg
スイッチを解体して復元中。
d0259360_20383526.jpg
童仙房のお隣、野殿のあるお宅から譲っていただいた丸ガラスの外灯。お月さまみたいでかわいいです。
d0259360_20411081.jpg
福岡にある我が家が大好きなお店「あまねや」さんの名刺に書かれた言葉「暮らしにあかりを灯す仕事」。ARABONもそんなふうになったらいいなぁ。久しぶりに九州に行きたくなってきました。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-08-08 20:29 | arabonのできるまで | Comments(0)

山の上にあります。

d0259360_20394253.jpg
車で10分下ればR163に出られるので、標高500mの山の上に住んでいる事を忘れがちですが、真夏のこの時期は、高原に住む快適さを実感します。
d0259360_20452759.jpg
窓がいっぱいのARABONは涼しい風が吹き抜けます。電気屋さんを待つあいだ、ちくちく作業をしながらふと、ありがたいなぁ…と感謝の念が。8月25日は山ノ上マーケットです。ぜひ、この涼しさを味わいにいらしてくださいませ。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-08-03 20:57 | arabonのできるまで | Comments(0)

ARABON ロゴ決まる。

d0259360_222993.jpg
快晴が続いています。内装、電気、什器の設置も着々と進み、あとは…そう、shopの顔でもあるロゴを決めなくてはいけません。数点のデザイン案を頂きながら、なかなか決定できずにいたところ、実際にロゴを拡大コピーして小屋にかざしてみたら?と言われ、さっそく小屋へ。なるほど!!平面で見て考えるのと、現場に立って見るのでは大違い。デザインのおもしろさを体感した一日でした。
d0259360_22174238.jpg
本日のARABONに集まってきたものは、バックヤードの本箱。本箱欲しいなぁって思っていたら、ご近所のSさんちの土間にすてきな本箱が!ありがたいことに戴けることになりました。なんだかぴったりです。感謝。
d0259360_22212956.jpg
医療棚にぴったりのシャーレ。奈良のアラキさんからの頂きもの。ここにブローチとか、小さなかわいいものが乗ってたらキュンとくるだろうな…。
d0259360_22254458.jpg
最後に告知です。わたしがウキウキしてarabonにいる間にも、つれあいは炎天下で窯焚きの準備に追われていました。8月7、8、9日にいよいよ窯焚きをします。4月に鯉江良二さんのワークショップにご参加くださった皆さまには大変遅くなり申し訳ございませんでした。8月半ばには作品の窯出しができると思います。どんな作品が生まれてくるのか楽しみですね。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-08-02 22:40 | arabonのできるまで | Comments(0)

ARABON プレオープンまであと23日

d0259360_8161717.jpg
8月に入りました。ARABON プレオープンは8/25(土) 山ノ上マーケットでのお披露目と決まり、着々と準備が進んでいます。今日のお客様は朝日新聞の記者さんとイノシシ丼でおなじみのFさん。山ノ上マーケットについてあれこれ、どの出店者さんも魅力的すぎてついつい話が長くなってしまう。
d0259360_8214134.jpg
外灯が届く。船舶の器具ってどれもすてきです。
d0259360_823916.jpg
おかえりなさい。この医療棚は童仙房の小学校の保健室で使われていたものです。粗大ゴミに出されていていたところを救助し、その後京都のはじかみさん、三重のやまほんさんに貸し出され、10年ぶりに帰ってきました。ずーっとここにあったかのようになじんでいます。引き戸の上の鴨居も珪藻土で白く塗ってみました。いい感じになったかな?
d0259360_8354232.jpg
本郷の木工作家Mさんが什器を貸してくださることになり、わざわざ届けて下さいました。なんだかギャラリーっぽくなったきました(笑)Mさんありがとう。作家さんとお店の関係について、ざっくばらんにお話できて勉強になりました。楽しく、でも背筋のピンっと伸びるような緊張感もあるようなshopにしたいものです。
d0259360_8451227.jpg
d0259360_8453860.jpg
恐れ多くも朝日新聞の記者さんにも棚を運ぶのを手伝ってもらい、あれこれ什器のレイアウトを考えるのは楽しい時間でした。結果、夕方のぞきに来たつれあいの、これはここ、それはここ、という的確な指示でぴたっと決まる。くやしいけど、なんだか上手なんです…。というわけで、今日も千客万来のARABONでした。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-08-02 09:09 | arabonのできるまで | Comments(0)

ARABON に集まってきたもの。

捨てられゆくものに呼ばれるかのように、おもしろいものを見つけるのが夫婦で得意です。
d0259360_22512458.jpg
保健室で使われていた電気スタンド。
d0259360_22522971.jpg
村のイベントではおなじみの帆布ベンチ。
d0259360_2254535.jpg
保健室にあった机。これらは今は壊されてなくなった大河原小学校で使われていた物なので、古い倉庫だったARABONにもよく馴染みます。
d0259360_2334558.jpg
入り口の扉は唯一新たに購入したもの。フタコブラクダの伊藤さんの直感を信じてネットで購入。でもずっとここにあったかのようにぴったりです。昔のガラスって本当に美しい。そしてちらっと写っている食器棚は祖母が営んでいた魚屋の台所で使われていたもの。昔は仕出し屋もしていたので、ひと昔前の瀬戸物がいっぱい入っていました。次々とゆで上がる渡り蟹が真っ赤に変わる瞬間、焼きたての美味しいうなぎの味、あま〜い卵焼き。忙しく働く祖母の後ろ姿と共に、こどもの頃のふわふわとした幸せな光景が懐かしく想い出されます。
d0259360_23251298.jpg
今日は窓枠のペンキ塗りを仕上げるつもりが、紅茶を作ってみたというお茶農家さん、スイカのビーチボールの差しいれ、昨日の消防団の操法大会の結果報告など、ARABONは早くも千客万来で有難いです。こんな風に地域の集会所みたいになってくれたらうれしいなぁ。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-07-30 23:54 | arabonのできるまで | Comments(0)

ARABON 7.28 内装ファイナル

とうとうこの日がやってきた。
d0259360_033633.jpg

春。しだれ桜のデッキつくりから始まったARABON改装計画。
ゴールデンウェークはフタコブラクダの大工伊藤さんという頼もしい棟梁が仕事を進めてくださいました。でもその後の内装仕事はコツコツ自分たちで。天井ぶち抜き。壁塗り3回。床塗り5回。たくさんの方に助けていただいて、はじめに思い描いていた通り、いや、それ以上に素敵な空間に生まれ変わりました。
d0259360_0335087.jpg
d0259360_039575.jpg
あとは電気工事と什器の運び込みです。夏オープンになんとか間に合いそう。これまで支えってくださったすべてのみなさんに感謝いたします。
d0259360_0512422.jpg
ありがとうございました。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-07-29 01:09 | arabonのできるまで | Comments(0)

6月27日

d0259360_1417073.jpgMさん本当にありがとう!
早朝にバールを届けてくれた木工所のTさん、楽しいランチタイムに華を添えてくれた本郷のSさんMさんもいつもありがとう。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-06-27 23:16 | arabonのできるまで | Comments(0)

6月27日

d0259360_14155155.jpgここちよい風が吹き抜けるこや。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-06-27 22:56 | arabonのできるまで | Comments(0)