ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

カテゴリ:お知らせ( 48 )

お水取り

d0259360_22355328.jpg

「やっぱりお水取りがおわらんと春は来いひんなぁ。」村に住んで約20年、毎年3月はじめにご近所で交わされる会話です。京都と言っても奈良のほうが近いにもかかわらず、初めて東大寺修二会を垣間みました。「これをお家でお供えするといいんですよ」と見知らぬ方から手渡された燃え尽きた大松明のかけら。いぶされた杉の香りが、千二百有余年の間一度も止むことなく平和と幸福を願ってこられた、奈良東大寺の清らかな空気感をいつまでも思いおこしてくれます。



d0259360_23232359.jpg

そんなお水取りも終わり、もう雪の降らないことを祈りつつ(笑)
3月末まではGIFT展を開催しております。

d0259360_2324167.jpg

d0259360_23235334.jpg

d0259360_23241396.jpg

d0259360_23242194.jpg

d0259360_2338267.jpg

d0259360_23382290.jpg

d0259360_23381022.jpg


3月は旅立ちの季節。お祝いの贈り物に、長く大切に使っていただける作品をぜひ。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2014-03-16 23:52 | お知らせ | Comments(0)

山眠る 冬

d0259360_126176.jpg

2013.12.6(金)→2014.3.29(土)


村にゆかりのある7人の作家による
それぞれのgifts。
静かな空気の張りつめた
冬のARABON。
薪ストーブを焚いて
お待ちしております。


12/6 Suelu アコースティックライブ 13:00〜
     frontランチ(サンドウィッチ&ドリンク)
     [この日の営業は15:00までとなります。]

12/7 パン工房のら 石釜天然酵母パン


山笑う春
山滴る夏
山装う秋

そして

山眠る冬。

縁あって同じときを同じ村で過ごした7人の作家の展示会です。

日々制作にはげむ隣人たちがそばにいる暮らしは、
おだやかで、喜びにみちています。

制作に没頭しているときは近くにいながらも顔を合わせないことの方が多いですが、
産みの苦しみ、楽しみの後、展示会で並ぶ作品は、まさにそれぞれの今の写し鏡。
古いものも好きですが、現代作家さんの作品に惹かれるのは、その時々で変化してゆく今に立ち会えるからかもしれません。

MさんとそれぞれのGIFTについて語った夜や、人はそれぞれの使命を果たすためにこの世にうまれてきたんだと思うんですって話してくれたTさんの言葉が後押ししてくれて、今回の展示が実現しました。

初日12/6(金)は村在住のミュージシャンSueluのライブとfrontランチがお楽しみいただけます。
どうぞみなさん、冬の山の上にあそびにいらしてください。

d0259360_1255161.jpg

[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-12-02 15:00 | お知らせ | Comments(0)

ベルト&カバン 

「山装う秋」展    金属/上田真理子  革/坂田典子
d0259360_20124695.jpg


台風が来るのか来ないのか、やきもきしていますが、いよいよ明日から始まります。
警報が出ない限り、明日、明後日は通常通り営業いたします。
今日は坂田さんと上田さんが搬入に来てくれて、みんなでわいわい言いながら展示をしました。
d0259360_20273364.jpg

d0259360_20274413.jpg

d0259360_2027536.jpg


ベルトの種類は3種類、革の色は黒、チョコ、キャメルの3色、バックルの色は真鍮、ゴールド、シルバーの3色。
それぞれに素敵でどれにしようか迷ってしまいます。
ダブルリングはメンズもあり、オーダーも承りますので、おしゃれ男子もぜひ!
d0259360_20454816.jpg

そして、お買い上げいただいたベルトはオリジナルBOXにお入れします。
d0259360_20501448.jpg

d0259360_20503022.jpg

d0259360_2050405.jpg

シンプルでおしゃれ心をくすぐる新作のカバンやアクセサリー。

大切な方へのプレゼントに、いつもがんばってるご自分へのご褒美に、お気に入りの一品をぜひ見つけにいらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-10-24 21:15 | お知らせ | Comments(0)

山装う秋

Autumn adornment for the mountain

革:坂田典子
金属:上田真理子/um
d0259360_8235154.jpg

2013.10/25(金)〜11:30(土)
open/金・土曜日 11:00〜17:00 (他の曜日をご希望の方はご予約ください)
作家在廊日 10/25.26
10/26(土)喫茶デルベア バウムクーヘンとスペシャルティコーヒーをご賞味頂けます。

d0259360_8591282.jpg


いよいよ来週からはじまります。
なかなか素敵なものとの出会いが少ないベルトとカバン。
ARABONの常設作家の上田真理子さんと坂田典子さんのコラボで作っていただくことになりました。

ご自宅でセレクトショップを営みながら彫金とデザインのお仕事をされている上田さん。(今回はDMの制作もお願いしています。)
そしていつもこつこつと丁寧なお仕事をされる革の坂田さん。

おふたりの仕事に共通するのはシンプルな形が生みだす美しさ。

今回はコラボ展に向けて合宿もしました。
ふだんはなかなか見る機会がない作家さんの制作行程ですが、あれこれアイディアを出し合いながら新しい作品を仕上げてゆく現場に立ち会うことで、上田さんのバックルが出来るまでの細かい工夫やこだわりについて伺うことができたり、こんな風にしたらどうかなぁ…というイメージを即興できっちりとした形に仕上げる坂田さんの確かな仕事ぶりを間近で見れたり。二日間の合宿を通して、想いを形にすることの難しさとワクワク感を一緒に体験させてもらったことは、わたしにとっても大切な時間になりました。
d0259360_9313850.jpg

d0259360_9314984.jpg


新作のベルトやカバン、どんなものができ上がってくるのか今からとっても楽しみです。
どうぞ皆様、秋の深まる山の上にぜひお出かけください。

d0259360_10154728.jpg



Autumn adornment for the mountain
[山装う秋]の美しい英訳はcafe wakayaの恵里ちゃんにお願いしました。文学やアートを愛する彼女ならではの言葉の感覚が大好きで、とっても気に入ってます。いつもありがとう。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-10-18 09:21 | お知らせ | Comments(0)

Beeみつばちマップでおでかけしませんか?

d0259360_836387.jpg

すてきなマップが完成しました。

京都と奈良の県境にあるBeeがぁでんという名のファームがあります。
小屋があり田があり畑があり
そしてどんぐりの木が育つ貸し農園

はじめてなのになんだかとっても懐かしい場所。
いつも笑顔で迎えてくれる人たちがいました。

この場所に出会えたからARABONをはじめることができました。
いつも背中を押してくれるAtelier etcetraのほなみさん
大工のフタコブラクダのいとうさん
わたしにとって心のおかあさんやおとうさん(あれ?)のような存在です。
そんなおふたりが中心になって始まった今回のマップつくり。
Beeがぁでんを中心にゆるーくつながるお店や工房の人たちとのたのしいご縁に感謝してます。

d0259360_854347.jpg


10/10(木)〜11/9(金)
マップの完成記念にトコトコラリーがはじまります!!!!
マップに載っているお店をまわっておうちシールを5つ集めると、
抽選で素敵なプレゼントが当たります!

南山城村からも6店舗が参加します。
ブーンブーンみつばちのようにあちこちでかけてみませんか?


*ARABONのイベントスケジュール*

9/6(金)〜10/19(土)「秋の新作展」
d0259360_9212428.jpg

ハタノワタル
d0259360_926594.jpg

宮本佳緒里
d0259360_927856.jpg

清水善行
d0259360_9284789.jpg




10/13(日) 空から蝶を呼ぶ場所つくり&アラボン日曜市
こどももおとなも夢中になってかけまわる一日です。
d0259360_9434868.jpg

「なになに??さわらせて!!」
d0259360_9443321.jpg


先月は台風の影響で中止になりましたが、
今月の日曜市はもりだくさんです!
d0259360_9512244.jpg

UETAUEさんからはできたての新米が!
kiringraficaさんの芋版ワークショップ
長岡京市のあらいぶきっちんさんのこだわり豆腐
信楽からはたまぱんと落下星のお菓子やお飲物。

ぜひ、トコトコラリーで村をめぐってみてください!
山のふもとではfrontさん柿渋のトミヤマさん、村のお野菜直売所もラリー参加店です。


10/25(金)〜11/30(金)「山装う秋」展(金属:上田真理子/革:坂田典子)
26日(土) 喫茶DERBAR 奈良デルベアさんのバウムクーヘンとスペシャルティコーヒー

d0259360_1015682.jpg

そしてラリー後半はARABONでもおなじみのum.の上田真理子さんと革の坂田典子さんの二人展にぜひ!
昨晩はおふたりの初コラボレーション作品が生まれる過程を一緒に楽しみながらの合宿でした。
d0259360_10213593.jpg

金属 上田真理子
d0259360_10222444.jpg

革 坂田典子
d0259360_1022307.jpg

ひと足先にベルトのバックルを納品しておつかれさまの上田さんと
バトンタッチでこれからラストスパートの坂田さん。
奈良にオープンした素敵なお店、ミジンコブンコさんの美味しいカレーいただきながら、
あたらしい作品がうまれるわくわく感いっぱいのミーティング。
ひとりで制作に打ち込む作業とはちがった緊張感とたのしさに満ちた二日間でした。
みなさん、どうぞおたのしみに。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-10-09 11:14 | お知らせ | Comments(0)

臨時休業と「空から蝶&アラボン日曜市」中止のお知らせ

d0259360_2114357.jpg

まんまるお月さまと虫の音。
すっかり山の上は秋が深まってきました。

先日の台風の際には多くの方々からお見舞いのご連絡を頂き、本当にありがとうございました。
村のあちらこちらでまだ台風の爪痕が残っていますが、
お店の雨漏り以外は大きな被害もなく、何でもない日常のありがたさを感じています。

さて、明日21日のARABONは篠山で行われる「丹波ノ工藝ト酒ト肴」に参加のため臨時休業とさせていただきます。

22日に予定しておりました「空から蝶」&「アラボン日曜市」は台風の影響により、
中止とさせていただきます。
R163から童仙房に上がる山道は地域住民にとっては唯一の生活道なので通行はできますが、
アスファルトが陥没したり亀裂が入った場所がいくつかあり、まだ土砂崩れなどがおきる危険があります。また田畑や敷地が土砂崩れしている農家さんのなかには連休に復旧作業をされる方もいらっしゃるので、その方々への配慮という面からも御理解いただければ幸いです。
すでにお申し込みをされ、連休の楽しみのひとつにして下さっていた皆様には本当に申し訳ございません。次回10月13日にはぜひ、ご参加ください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-09-20 21:48 | お知らせ | Comments(0)

豊穣のとき

d0259360_2225397.jpg

山ノ上マーケットが終わり、山の上はすっかり秋めいてきました。
d0259360_22291820.jpg

今年のマーケットは初めての雨。
それでもふしぎと恵みの雨にも感じられたのは、五回のマーケットで培ったお客様と出展者の皆様との信頼関係や、スタッフのチームワークのおかげです。前日の落雷の影響で当日はいろいろとご不便をおかけしましたが、穏やかで愉しい一日を過ごすことができ、こうしてみんなで豊穣のときを迎えられたことに深く感謝しています。
d0259360_2324959.jpg


嵐のあとの静けさのようなARABONですが、
新作がぞくぞくと届いています。

創る和紙職人 ハタノワタル
d0259360_23302975.jpg

美然紙
d0259360_2331579.jpg

楮紙
d0259360_23313335.jpg

NOTE
d0259360_2332984.jpg

道具箱 筆箱 名刺入れ 小さな気持ちBOX

ハタノさんに出会ったのは今からたぶん15、6年くらい前。
京都の富小路サラサでのつれあいの清水の展示の搬入とハタノさんの搬出が同じ日で、
和紙と焼き物を物々交換してお別れしました。
それからお会いすることなく月日が流れ、6年前、山ノ上マーケットの前身の工房開きで偶然の再会。紙フェチの私達夫婦は、それから事あるごとにハタノさんの紙をちょこっとだけ買う一ファンだったのが、ARABONを始めることで、こんなにも美しいかみをうっとりとながめながら、お客様にご紹介できることを心から幸せに感じます。

いるふ。宮本佳緒里
d0259360_052128.jpg

小風呂敷 がま口 印鑑入れ

宮本さんの布と色への愛情は果てしなく、そして深い。
その重みをがま口に仕立てることで、暮らしの傍らで彩りを放つ小さな喜びに変えているのが、すばらしいなぁと思います。

d0259360_0221213.jpg

清水善行 白磁蕎麦猪口
山ノ上マーケットが終わり、白磁の窯を二度焼きました。まだまだ作ってどんどん焼くそうです。
焼き物は腐るわけではないんですが、やっぱり鮮度があるような気がします。
常に新鮮な気持ちで制作する姿勢。そばで見ていてすごいなぁ応援したいなぁと思う時と、あの時のあの作品、もう一回作って欲しいのになぁと歯がゆく思う時が両方あります。
蕎麦猪口は数少ない定番商品ですが、毎回何かが違います。今回もとっても素敵です。


お知らせ
9/14(土) 運動会の為、1時半からの営業になります。
9/21(土) 丹波ノ工藝ト酒ト肴に清水善行+旅するARABONで参加の為、臨時休業します。

9/22(日)は空から蝶+ARABON日曜市を開催します。

 
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-09-13 00:48 | お知らせ | Comments(0)

山ノ上マーケット 2013

d0259360_100121.jpg

8月に入り、山ノ上マーケットまでのカウントダウンが始まりました!!
今年は実行委員会のメンバーやボランティアスタッフも増え、いつもより随分とゆったりとした気持ちで迎えることができそうです。スタッフのみなさん、そして毎年楽しみに待って下さっているお客様にとっても感謝しています。

山ノ上マーケット2013
8月24日(土)10:00−16:00

70店舗のすてきなもの、おいしいもののお店が大集合のとっても楽しいおまつりです。
どうぞみなさま、お友達をさそって、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

d0259360_1085752.jpg

臨時休業のお知らせです。
誠に申し訳ございませんが、
8/9(金)10(土)の二日間をお休みとさせていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-08-06 10:18 | お知らせ | Comments(0)

空から蝶vol.2&アラボン日曜市

d0259360_2111681.jpg
d0259360_21112818.jpg

d0259360_21322521.jpg

いよいよ夏休みですね。
7/28(日)は第二回「空から蝶を呼ぶ場所づくり」です。
第一回のワークショップでは、子どもだけでなく、おとなもみんな童心に戻って必死にチョウチョを追っかけて楽しい一日を過ごしました。二回目に備えて、マイ捕虫網を準備する大人も続出とか(笑)。参加希望の方は、保険やテキストの都合上、お早めにご連絡ください。

d0259360_2333358.jpg

『アラボン日曜市』
息子が小さいころ大好きだった絵本のひとつに西村繁男さんの「にちよういち」がありました。高知の伝統的な日曜市の風景を高知弁の女の子の目線で描かれていて、まるで自分たちも市場にいるような楽しい気分にひたった絵本でした。そんな市になったらいいな…と願いを込めて、月に一度、空から蝶に合わせて村の美味しいお野菜や特産品、そして村ではめったに食べられないとびっきりのおやつなど少しずつみなさんにご紹介する、アラボン日曜市をはじめることにしました。年に一度の山ノ上マーケットもいいのですが、もっと日常生活の延長にマーケットがある風景が理想だなぁ…って思うんです。農家さんが手塩にかけてつくられたお米やお野菜。吟味された材料で丁寧につくられたお菓子やお料理。コツコツと、黙々とひとつの事に打ち込む姿はARABONで紹介する手仕事の作家さんたちと同じなんだけれど、形としては残らないものに精魂こめる姿にいさぎよさを感じます。

ハト畑さんのトマト。ことしも真っ赤に熟してきたそうですよ。ハト畑通信も楽しみです(笑)
d0259360_21384797.jpg

テントンさんのチーズケーキもやってきます!第一回の空から蝶にご家族で参加してくださったテントンさんにお願いして、今回山の上まで届けてくださる事になりました。村のみなさん!そうじゃない方ももちろん、この機会にぜひお召し上がりください。
d0259360_21542479.jpg

d0259360_21442142.jpg

定番[テントンのチーズケーキ](1カット300円、1ホール3,150円)、期間限定[完熟バナナとチョコのチーズケーキ](1カット300円、1ホール3,150円)、[マンゴープリン](1個350円)。只今ご予約受付中です。準備の都合上、7/24までにARABONまたはテントンまでご予約ください。
d0259360_2291666.jpg

うえだブルーベリー畑さんの美味しいブルーベリーや夏野菜の販売もあります。
夏休み、村で一番オススメのスポットがブルーベリー狩りです。みなさんそれぞれお気に入りのブルーベリー農家さんがあるようですが、うえだブルーベリー畑さんの畑は見晴らしが良く、手作りの休憩場所が充実していて、うちにブルーベリーの木が沢山ある私もテンションの上がる、とっても素敵な空間です。空から蝶の後、お弁当もって行かれるのもいいですね。こちらも予約制になっておりますので、直接うえだブルーベリー畑さんまでお問い合わせください。
d0259360_2274839.jpg

d0259360_2294712.jpg


今週末は烏龍茶作りのワークショップ、そして来週は空から蝶。なんだか盛りだくさんのARABONですが、金、土はチリン、チリリンと風鈴の音が響くのんびり時間が流れる空間で、みなさまのお越しをお待ちしております。

↓「空から蝶」「テントンさんのチーズケーキ」のご予約↓
tel 080-1566-8822/mail arabon@shimizu-yoshiyuki.com
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-07-19 00:01 | お知らせ | Comments(0)

「山滴る夏」2013.7/12(金)→8/24(土)

d0259360_14432926.jpg

『風鈴と夏のうつわ展』
 今井 美智[ガラス]
 宮下 香代[紙造形]

「山笑う春」では喜喜茶さんによる中国茶のお茶会を愉しみました。
「山滴る夏」では今井美智さんのガラスの器と宮下香代さんの風鈴の展示会をいたします。

d0259360_14521681.jpg

今井美智さんは金沢でガラスを製作されています。彼女とのご縁は随分昔、学生時代に京都の映画館のスタッフとして働いていた頃にさかのぼります。その後、いろんな場面で再会することがあり、コロンと大きな彼女の器は我が家の暮らしにすっかり馴染んだものになっていました。
ゆったりとした話し方の彼女の空気感そのままの、独特のふうわりとのびやかなフォルムが美しい作品が大好きです。今回の企画展のために送って下さった150点もの作品に囲まれて伝わってくるのは、この暑さの中、1200〜1300度の坩堝でガラスを溶かし、その熱い塊に息を吹き込み成形してゆく作業はただごとではないという気迫のようなもの。そんな大変さを微塵も感じさせず、飄々としたただすまいでいられる彼女の創作力の源はいずこから?かわいらしさと大胆さを併せ持った作品をぜひご高覧下さい。21日の烏龍茶作りのワークショップに合わせて今井さんも金沢からいらしてくださいます。ガラスと共に彼女のライフワークになっている中国茶。去年は台湾にも語学留学させていた程の愛好家です。喜喜茶さんとどんなお茶談義になるのか、いまからとっても楽しみです。
d0259360_15333077.jpg



d0259360_1895972.jpg

宮下香代さんは愛知県にお住まいの紙造形作家さんです。
ちょうど去年の今頃、大阪でお世話になっているSHELFさんでオーナーの梅本さんを介して偶然お会いしたのがきっかけで、その時に分けていただいたのが真鍮の風鈴でした。一目見たときから、その独特の美しさに惹かれ、紙造形という特殊なジャンルで制作活動をさせれている宮下さんのファンになりました。その後、つれあいの清水が宮下さんが企画されたグループ展、毎日を考えるvol.2「飲む」に参加することになり、名古屋のスタジオマノマノに初めておじゃましました。ここで制作活動をされながら、様々なイベントを企画されている宮下さん。お忙しいなか、こんな山の上の小さなお店に作品を展示していただけるなんて、とっても光栄です。関西ではなかなか拝見できない彼女の作品の魅力にふれていただける今回の二人展。真鍮や江戸風鈴のチリン、チリリンという美しい響きとともに、風にゆれる宮下さんの紙造形の妙をぜひ、お楽しみください。
d0259360_18113552.jpg



今回、初顔合わせのおふたりの作品ですが、はやくも息がぴったりの涼やかなハーモニーを奏でています。ARABONで皆様にご紹介できますことを心から感謝しております。
山の上の空気はとっても気持ちいい季節です。ブルーベリー狩りfrontさんでのランチと合わせてぜひ、遊びにいらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-07-11 18:24 | お知らせ | Comments(0)