ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

カテゴリ:旅( 2 )

清水善行 +旅するARABON in 萩 俥宿

2013.3.30sat-4.7sun
先週末は山口県萩 俥宿 天十平にて開催中の清水善行展+旅するARABONに家族で行ってきました。
d0259360_19573760.jpg

京都から萩までは車で8時間以上の長旅です。西に向かうにつれて山の景色も春めいて来て、心も身体もふんわりとほぐれてきます。
d0259360_2054321.jpg
二年に一度、つれあいの展覧会で訪れる萩ですが、清水家のお墓参りに防府に立ち寄るのが恒例です。ご先祖様にごあいさつ。。。

d0259360_20195216.jpg

d0259360_20384872.jpg

d0259360_20393030.jpg

萩といえば夏みかん。懐かしい風景の小径を歩き、俥宿 天十平さんにたどり着きました。
d0259360_20421624.jpg

d0259360_20442352.jpg

d0259360_20452791.jpg

d0259360_20471563.jpg

d0259360_2048772.jpg

d0259360_20485316.jpg

d0259360_20503124.jpg

d0259360_20515174.jpg

d0259360_2058401.jpg

今回はARABONも隣の小部屋で出張展示会。初めての経験でしたが、みなさんに喜んで頂けて本当によかったです。
d0259360_2131482.jpg

d0259360_2134892.jpg

d0259360_2142581.jpg

d0259360_2145832.jpg

d0259360_2153976.jpg

d0259360_216877.jpg

そして村でこの春オープン予定のfrontさんもはるばる出張料理で参加してくださいました。
d0259360_21203152.jpg

南山城村産天然猪肉の煮込み手打ち生パスタ。これから村でこんなに美味しいパスタが食べられるかと思うとわくわくするような絶品パスタでしたよ。器との相性もバツグンで、村の和紅茶と共に萩のみなさんに南山城村の良さを垣間見て頂けたランタイムでした。
d0259360_21211727.jpg

二年に一度の清水善行展に必ず足を運んで下さるお客様。そして今回初めて出会えたお客様。ふだん山の上で暮らしていると、展示会に出向いて、作品を介して繋がるご縁がとってもありがたいです。皆様、本当にありがとうございました。

d0259360_2147248.jpg


俥宿さんの姉妹店コトコトの二階で合宿生活をしながら過ごした4泊5日。最初に出会ったときはお互い小さかった子どもたちが、中学、高校生になってもまるでいとこのような馴染み具合で仲良く過ごす様子は本当にほほえましかったです。うちの家族とfront家族の大所帯を受け入れてくださった俥宿さんご家族に感謝しています。
d0259360_21274616.jpg

そして萩に行ったらぜひ体験していただきたいのが俥宿のオーナーが引く人力車。その乗り心地や車からの景色がなんとも心地よく、人力車にゆられて萩の街中を案内してもらうと、一昔前の日本人ってこんな感覚の世界で暮らしていたんだというのが体感できて、それはそれは贅沢で貴重なひとときです。
d0259360_2129996.jpg


今回は萩滞在のついでに、長男Gの進学希望の学校が下関にあるというのでドライブがてら足をのばしてみました。
d0259360_22331178.jpg

道中に立ち寄った長門市のお食事処いさ路。おいしかった!
d0259360_22382444.jpg

そして旅に欠かせないのが温泉です。長門市の山間部にいい感じで残っている湯治場があると聞き俵山温泉に。本当にやってるの?というくらいひっそりとした小さな温泉街の「町の湯」。なんでもないような店構えでしたが、掛け流しのお湯はトロンとして、いつまでも身体がぽかぽかするいいお湯でした。また行きたいなぁ。。。
d0259360_238860.jpg


旅の終わりは津和野へ。絵本作家の安野光雅さんの故郷で、高校生の頃からいつか行ってみたいなぁ…と想いを寄せる場所でした。その後つれあいの展示会がご縁で、萩のあとは必ず立ち寄る場所になりました。
d0259360_233878.jpg

素敵なご家族が営まれているお店、俵屋種苗店さん。
d0259360_2338522.jpg

種や苗だけでなく、娘さんが選んだ器や雑貨が展示してあるCECILIAというお店もありますよ。
d0259360_23464741.jpg

山に囲まれ、豊かな自然と赤瓦と白い壁の古い建物が残る美しい町並みは、安野さんの旅の絵本に出てくるヨーロッパの風景にどこか似ているようで、萩と共にいつまでも残して欲しい日本の風景です。
d0259360_0245452.jpg


楽しかった旅から帰り、今週末からはARABONも通常営業をはじめます。
入り口のしだれ桜もそろそろ蕾がふくらみ、山にも春がやってきました。
村の作家さんたちの新作も並んでおりますので、どうぞ遊びにいらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-04-04 00:47 | | Comments(0)

海へ

ARABONオープンを無事終えた夏休み最後の日曜日、山から海へ日帰り旅行に行ってきました。
d0259360_8325012.jpg

d0259360_8342254.jpg

長男がお世話になっている京都府立海洋高校の文化祭をのぞきに。
d0259360_8385275.jpg
普通科しか知らない自分にとって高校なのに船を持ってたり、魚の養殖施設があったり大学並みのキャンパスにはおどろきの連続でした。文化祭の内容も天橋立の環境保全のへの取り組みの発表や、水産加工科の生徒さんによるかまぼこやサバカレー缶の販売など、当たり前ですがすべてが海に関わる催しでした。山に住んでいると気が付きにくいけれど、日本は海に囲まれた国土なので漁業関係のお仕事は多岐にわたってあり、海洋高校を卒業した先にはいろいろな専門分野で活躍できる可能性を秘めているそうです。
d0259360_8502521.jpg
美味しい海の幸をいただいたあとはクラス対抗のカッターレース。12人の漕ぎ手が太いオールに全体重をのせて漕ぎつづけるハードな競技です。カッターは豪華客船の緊急避難用の船で、いざというときはこれでお客様の命を救う役目を担っているかと思うと少し切なくなります。
d0259360_95503.jpg
最後に一年生による手旗信号の発表を見せてもらいました。潮風に吹かれながら100人の生徒にまじって旗を振る息子を遠目で追いながら、親として直接してあげられる事が少なくなったことへの一抹のさみしさを感じながらも、彼がたくさんの人との出会いのなかで本当に楽しそうに学んでる姿を垣間みれた事は有難いなぁ…と只ただ感謝の気持ちでいっぱいになりました。
d0259360_9251981.jpg
帰り道に天橋立温泉へ。駅前にある小さな温泉でしたが、全て伝統的な木組みと塗り壁で作られた落ち着いたいい建物でした。ぬるめの塩っからいお湯にゆっくり浸かりながら夏の疲れを癒し、長ーーい夏に終止符を。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-09-04 09:40 | | Comments(0)