ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

灯しびとの集い

d0259360_9222566.jpg
先週の日曜日、堺のクラフトフェア「灯しびとの集い」に行ってきました。朝から雨が降っていたので、長靴をはいて万全のいでたちでのお出かけだったのですが、私達が到着したお昼頃から雨も止み、青空が!関係者のみなさん本当によかったですよね。
今回の目的は村娘の宮内さんをはじめ、山ノ上マーケットでもお世話になった方々の陣中見舞いと、うちでずっと愛用しているあるモノをつくっておられる作家さん作品を拝見するためでした。よ〜くかんがえると、クラフトフェアというものに、つれあいが出展するののお手伝い以外で行ったのは初めてで、純粋にお客さんとしてぶらぶらする開放感をたのしみつつ…

坂野友紀さんの匙
d0259360_941403.jpg

ハタノワタルさんの和紙
d0259360_9453295.jpg
d0259360_9473333.jpg

上田安伸さんのテープカッター
d0259360_9515924.jpg

カキノジンさんの護符
d0259360_9541150.jpg


津田清和さんのガラスの皿 
d0259360_9575330.jpg
十月に偶然バッタリお会いした率No.1の津田さん。切り子のショットグラスがとっても素敵だったのですが手が出せず、このお皿で夏に菓子をのせてお出ししたらきれいだろうなぁ…って眺めていたら……わらしべ長者になった気分でした。


d0259360_10203669.jpg

続いて遭遇率No.2のY夫妻。先日ARABONでお買い上げくださった宮内知子さんのブローチがブルーのバッグにぴったりでした。山ノ上マーケット以降とっても忙しくご活躍だった宮内さんですが、少し落ち着き、ARABONにも近々新作を届けてくださるので、おたのしみに。
d0259360_10261346.jpg



坂野友紀さんの菓子きり
d0259360_10325047.jpg
広島の器 道具のお店 LOUTOさんで出会って以来、我が家で愛用しています。長さと重さのバランス。金属なのに指になじむ柔らかな感触。お菓子を美味しくいただく行為をひきててくれる陰の立役者です。作家の坂野さんには初めてお会いしたのですが、作品と同じように凛とした空気をまとった素敵な女性でした。

今まではつれあいのお手伝いで出展する側だったり、山ノ上マーケットでは主催者側の立場だったので、純粋に使う側の客として参加させてもらって、こんな風に作り手と直接お会いできるのが、クラフトフェアのよさなんだと、あらためて実感しました。

飲食ブースでも山ノ上マーケットや普段の生活でお世話になっている方々にたくさんお会いでき、ここが堺なのを忘れるほどのホーム感が(笑)実行委員の皆さん、出展者の皆さん、本当にお疲れさまでした。とっても楽しい一日でした。ARABONからも車で一時間半ほどと意外に近い堺、来年も行きたいなぁ。



d0259360_1126619.jpg

余談ですが、ARABONを始めてから金、土曜日は出掛けられず、その反動で日曜日につれあいとどこかへ行くことが増えました。そんな帰り道に必ず立ち寄る屋台餃子屋の店「小金」さん。木津川市のにぎわい市場の駐車場に夕方から出店されてます。鹿児島出身の店主の軽妙はトークとこだわりのお味についつい足を運んでしまう美味しい餃子屋さんです。お肉を黒豚に変えたそうで、一段とジューシーになってました。春巻きや手羽先も美味しくておすすめです。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-30 11:45 | おでかけ | Comments(2)

一期一会。

d0259360_2133571.jpg
秋晴れの校庭。今日のARABONは地元のお客様とゆっくり、じっくり過ごせた一日でした。息子たちの保育園時代の先生と久しぶりにいろんなお話をしたり、お隣の方が甘酒を買いに来て下さったり、新住民のRさんと来週のイベントの打ち合わせをしながら暮らしについてあれこれ話したり。
d0259360_229423.jpg
そして、今年の初めに引っ越してこられてARABON改装の際にとってもお世話になった方々から、明日引っ越されるという報告を受けました。こんな風に偶然の出会いから、楽しいひと時を何度か共に過ごした友人たちが突然引っ越すというのは本当にさみしい事です。彼女たちの隣人だった女性は悲しくて涙が止まらなかったそう。でも短い時間でそれだけの絆を作っていった彼らの生き方は素晴らしい。「来年もお味噌作りと花火と山ノ上マーケットには戻って来てね。」と笑顔でお別れをしました。


d0259360_22233985.jpg
d0259360_2222532.jpg

「郵便です。」とARABON宛に初めてのお手紙が届きました。普段は地元の勝手知ったる郵便局員のみなさんがARABONのお手紙も自宅の方に届けて下さるのです(笑)差出人は山ノ上マーケットに出展して下さった、アリサト工房さんからでした。なんとマーケットがきっかけで私の大好きな伊藤尚美さんのATELIER to nani IRO で展示会をされることになったそうです。

アリサト工房「茶布〜茶染めの手織り布の世界」11月6日(火)ー11月27日(火)
☆11月17日(土)茶布茶会  出張茶館 喜喜茶×アリサト工房

ATELIER to nani IROさんでは2012.11.6ー2013.1.15まで布、紙好きにはたまらないワクワクするような企画がいろいろあるようですよ。これは行かなくては!

ATELIER to nani IRO
大阪市西区京町堀1-12-28 寿会館ビル 2階
tel. 06-6443-7216
12:00〜19:30(月ー金)
11:00〜19:30(土)
日・祝休
http://naniiro.jp

山ノ上マーケットが終わり、出展者の方々から「マーケットで買って下さったお客様がお店にも来て下さったよ〜」といううれしいご報告や、アリサト工房さんとATELIER to nani IROさんのように出展者さん同士で新たな出会いや、偶然の再会があったというお話を聞くたびに、ああ、大変だったけど、がんばって続けることに意味があるんだなぁ…とくじけそうな背中を押してもらえる気がしてとっても嬉しいです。

「一期一会」の言葉の意味を教えてくださったのは小学校六年生の時の校長先生でした。卒業を目前にした私たちに「なんて読むのでしょうか?」というなぞなぞ的な切り口からとつとつとお話してくださった記憶が。あの時、校長先生はどんな気持ちで12歳のこどもにこの言葉を贈ってくださったのか。今でも私は「一期一会」の本当の意味を理解しているとは思えませんが、去り行く彼は日々の修行からそんな生き方を実践されているんだと、ふと、思いました。そして山ノ上マーケットやARABONもそんな気持ちで過ごせたらいいなぁ…と。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-27 23:55 | ARABON | Comments(0)

ソウルのモノ、金沢のモノ、届いてます。

d0259360_22344343.jpg
韓国の仕入れ旅からもどってきました。山の上はお散歩するのにきもちのいい季節です。
d0259360_23174947.jpg

一週間経ち、少し冷静にモノと向き合い、やっぱり美しいなぁ…とため息がでます。草木染めのシルクの袱紗。
d0259360_23183560.jpg
ざっくりとした麻の袋。韓国では出汁をしぼったり、薬草を煮出すのに使います。
d0259360_2320193.jpg
スッカラ。韓国の匙が大好きです。向こうでは、おばあちゃんが孫にご飯を食べさせる時、これでチョチョッとゆでたじゃがいもやりんごを削ってそのままお口に運んで食べさせてあげるそうです。お野菜やお肉もはさみでジョキジョキ切ってしまうし、そんなおおらかなところに真面目な私(ちがう?)はハッとさせられます。おおらかといえば最後の夜に行った焼き肉屋さんで、まだ8時半くらいなのに、ちょっとオーダーが落ち着いたせいか、店内の真ん中のテーブルで店員さん達が食事をはじめてびっくり!今回の仕入れ旅に同行して下さった料理研究家の方に尋ねると、韓国では当たり前の事みたいです(笑)しかもまかないをちゃっちゃと食べていう感じでなく皆でおしゃべりしながらしっかり食べてました!しばらくすると何事もなかったかのようにまた働き始め…なんて素敵な国民性。
d0259360_23263187.jpg
針山の山。
d0259360_23504544.jpg
茶漉し。

今回の旅はもうずいぶん前(長男が赤ちゃんの頃)からの知り合いの韓国料理研究家の方からのお誘いで、「向こうでしばらく滞在するからARABONの仕入れするならご案内しますよ。」とお電話をいただいたのがきっかけでした。せっかくのお誘いだしと、いきおいで飛び出した感じでしたが、行ってみて本当によかったです。韓国は本当に近いです。国境なんて飛び越えて、外の空気を吸うのも時には大切。言葉が通じなくても、片言の英語やハングルでの挨拶や笑顔一つで通じる何かがあります。ホテルが見つからなくて困ってる時に沢山の方が親身になって探してくださいました。はたして私は同じくらい親身になって困ってる外国の観光客につきあってあげる気持ちの余裕を持ち合わしているだろうか?どこの国の人だろうと偏見なく笑顔でお迎えできるだろうか?こんなご時世だからこそ、もっともっと隣国の方々と話す機会を持ちたいものです。お忙しいスケジュールのなか、私達に付き合って下さり通訳をして下さったCさんに本当に感謝してます。
d0259360_23515268.jpg
さて、山ノ上マーケットでもすっかりおなじみの金沢の髙木糀商店さんから塩糀と甘酒も入荷しました。塩の代わりに何に入れてもぐっと旨味が増す塩糀、我が家では欠かせぬ調味料です。甘酒は個人的にはストレートが好きですが、牛乳や豆乳で1:1で割って一晩置くとまろやかで美味しいくいただけます。季節のくだものを和えてもおいしいそうです。自然な甘みが身体に優しく、元気をもらえる気がします。
d0259360_027434.jpg
二日前から風邪で寝込んでましたが、今日の夕焼けは気持ちよかったなぁ…元気を運んで来て下さったみなさんに感謝。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-27 00:35 | ARABON | Comments(0)

道路工事のお知らせ

d0259360_8125464.jpg

道路工事のお知らせです。
10月23日〜27日(水、日曜日は工事なし)
9:00〜17:00
R163から童仙房に上がる道で工事があるため、ARABONにお越しの際は
手前の和束からの林道、もしくは交番の交差点を過ぎ、次の上がり口(おしはらレストラン)からお越し下さい。
大変ご迷惑をお掛けしますが、ご不明の場合は08015668822までお問い合わせ下さい。

どちらのコースも少し回り道になりますが、紅葉の美しい林道のドライブが気持ちいい季節です。
どうぞお気をつけていらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-24 08:25 | お知らせ | Comments(0)

土偶・コスモス

d0259360_23525415.jpg


ARABONからMIHO MUSEUMまでは山越えで40分足らずの距離です。今日、お誕生日を迎えたチーズケーキ屋さんご夫婦と「土偶・コスモス」展に行ってきました。

よかったぁ…。

博物館や考古学資料館でなく、美術館でこんなにもたくさんの土偶を観たのは初めてでしたが、そのひとつひとつに思わず息をのむような美しさがありました。土偶たちは思っていた以上に洗練された形で、注意深く丁寧に、まさに祈りを込めて作られたのが手に取るように感じられ、暮らしと祈りと手仕事が、今よりもずっと深く親密に繋がっていたんだろうなぁ…と。

つれあいの焼く須恵器は薪窯で焼かれた陶器の原点ですが、土偶、土器はそれよりもずっと昔に焼かれていたやきものの原点です。今回の展示を観られた方々が「すごくよかった」と皆さんおっしゃられるのは、やはり日本人の血が騒ぐからなのでしょうか?
私も童仙房での暮らしのなかで、つれあいの窯に火が入った時や栗や栃の実を拾い集めて調理する時に、一瞬ですがはるか昔から今につながるDNAというか、時の繋がりを感じることがあります。
梅干しや味噌作り、どぶろく仕込みもそうですが、昔からずっとされてきたことを受け継ぎ、伝えることができた時、自分の存在が個としてだけでなく、大きな流れの一部になったような感覚をおぼえます。こんな経験ができるのも、自然いっぱいの山の上に嫁いで子育てをしているからなんだろうなぁ…と、普段は自分が田舎暮らしをしていると意識していないのですが、今日は土偶をいっぱいみたせいか、足元を見つめ直したひと時でした。

「土偶・コスモス」展は12月9日まで。まだ観られてない方はぜひ!前半で観られた方も、11月後半から展示替えがいろいろあるようですよ。私も12月にもう一度行きたいなぁと思っています。


d0259360_141371.jpg


余談ですが、MIHOからの帰り道、オオヤコーヒの豆を取り扱っていると噂に聞いたカフェに立ち寄りました。R307のローソンのある交差点「勅旨」を上がってすぐ左。TORASARU COFFEEさんです。
十年も前からされているそうですが、初めて伺い、コーヒ豆を買いました。面白そうな本や雑誌がいっぱいあったし、次はゆっくりお茶しに行ってみたいなぁ。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-24 02:18 | おでかけ | Comments(0)

臨時休業のお知らせ

あっという間の一週間でした。

d0259360_20362611.jpg

始まったばかりのARABONですが、先週はふたつの出版社さんにお店を取材していただく機会に恵まれました。詳しくは後日ご報告させていただきます。

そして16〜18日は旅するARABON in KOREA 。

明日は本当ならお店を開けて仕入れたモノを並べたい気持ちでいっぱいなんですが、
大変申し訳ございませんが、息子の学校の行事の都合で臨時休業させていただきます。

土曜日は通常通り営業致しますので、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-18 20:57 | お知らせ | Comments(0)

全員集合。

d0259360_20501828.jpg
山マーの打ち上げ&反省会以来、久々に全員集合です。魅力ある村つくり推進室のMさんからのオファーで村在住の作家さん達の取材がありました。田舎での自給自足に憧れる読者に愛された雑誌「自休自足」が「TURNS」に生まれ変わり、農業だけでなく、様々な目的で田舎に移り住む人に向けた情報発信をされているそうです。
そこで、いま南山城村に物作りをされている作家さんの移住が増えて何だか面白そう、という情報をキャッチされたライターさんが、東京からわざわざ取材に来てくださいました。本当に有難いことです。
芸術の秋。それぞれ製作と個展に追われて忙しいなか久々のまったりタイム。
d0259360_2174751.jpg
d0259360_2173487.jpg

40過ぎても忘れない遊び心。

d0259360_21101819.jpg

プロのカメラマンによる(あっ、これは私のiPhoneです)集合撮影。「50年後にまた撮ろう!」って盛り上がったり、
d0259360_21142110.jpg
「村に移住して変わった事は?」「お酒の量!!」「田舎に来ての苦労話は?」「引っ越してすぐに、ウグイス嬢もしました(笑)!」
というわけで、12月発売予定の「TURNS」vol.3は南山城村も紹介されます。メインは新規就農のハト畑家ですが、みんなチョコッとのってるはずです。本屋さんで見かけたら是非ご覧下さい。


さて、ARABONの新入荷作品のご案内です。
d0259360_21261677.jpg

木津の小屋 Atelier etcetra でおなじみのum 上田真理子さんの作品を
ARABONでもお取り扱いさせていただくことになりました。

um designさんには連れ合いのHPの製作、ARABONのブログ、入り口のカッティングシート製作で大変お世話になりました。感謝!!そこで、彼女のおしゃれ心をくすぐる作品に日頃からキュンときていたわたしが、この度、おもいきってお取引のお願いをしてみました。お洋服はシンプルでも、アクセサリーひとつで、うきうきする事ってありますよね。田舎に居ても、そんなささやかな喜びを日常にできたら幸せって思える方のところに届きますように…。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-10 21:56 | 南山城村つなぎ | Comments(0)

営業時間の変更と臨時休業のお知らせです。

d0259360_8532033.jpg
10/12(金) 通常通り
10/13(土) 10:00ー14:00
10/19(金) 臨時休業
10/20(土) 通常通り

ゆっくりペースのARABONですが、おかげさまで少しずつ山の上までお客様が来て下さってます。
できるだけお店をオープンしたい気持ちではありますが、秋は連れ合いの個展や息子の学校行事でどうしても休業や営業時間の変更がございますので、ご了承くださいませ。

金、土 以外でもご連絡をいただき、都合がつく場合はお店を開けますので、ぜひ、お問い合わせください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-10 09:49 | Comments(0)

秋の奈良へ、ぶらりと

d0259360_2158338.jpg
d0259360_215971.jpg
この春童仙房に引っ越してこられたトマト農家「ハト畑」さんの奥様rieさんは実に多才!!彼女の作品「おうちポチ」をご注文くださった方にお届けがてら、奈良までドライブ。先日ARABONに来られた時に拾われた栃の実を素敵に飾っておられて感激しました。
d0259360_2246242.jpg
正倉院展も始まることですし、ゆっくり奈良旅したいなぁ。
d0259360_22474336.jpg
奈良から村への帰り道、また楽しいお店がオープン真近ということでちょっと寄り道を。
d0259360_233587.jpg
あっ、棟梁!sadacoroさんとARABONの改装工事は同じ大工さんなのです。あちこちでご活躍のフタコブラクダさん。ARABONをあんなに短期集中でしてもらえたなんて、今思えば奇跡的だったのかもしれません。ありがとう、棟梁。そしてゴールデンウィークの間、待ってて下さっていたsadaちゃんにも感謝。
d0259360_22173888.jpg
10/18からのオープンに向けて工事が急ピッチで進んでました。「お腹すいてる?」って言いながら準備で忙しい手を止めてささっと切り分けていただいたパンの美味しかったこと!!今からオープンが待ち遠しいなぁ。イートインできるのもありがたいです。

パン屋のキッチン sadacoro
木津川市木津天神山54−1 t/f 0774-26-6903
hhttp://sadacoro.exblog.jp


d0259360_22214889.jpg
d0259360_2220382.jpg
sadacoroさんのまわりには大好きなお店がたくさんあるので、mapができたらいいのになぁ。ご近所の古道具燕さんも掘り出し物がいっぱいですよ。先日の量りの計量バイトで欲しかったおもりを発見!ペーパーウェイトにぴったりです。そしてずっと探していたガラスケースも衝動買い。アクセサリーとか入ったらいい感じになりそうです。
d0259360_2237872.jpg
ドライブついでに前から気になっていた素敵な建物探訪。裏にはりっぱなお家がありましたが、この手前の建物は使われていない様子でした。誰かなにかしたらいいのに、と勝手に妄想してみたり…。
d0259360_2312538.jpg
さて、明日、明後日はARABONオープンしております。
d0259360_23161151.jpg
d0259360_23175315.jpg
d0259360_23171417.jpg
d0259360_23163769.jpg
d0259360_23175975.jpg

山の上は秋の草花がちょうど見頃をむかえています。散策がてらぜひ、あそびにいらしてくださいませ。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-04 23:30 | ARABON | Comments(0)

台風が去り

週末は台風が関西に直撃のなか、京都のうつわ京都やまほんさんで開催中の「清水善行 須恵器展」につれあいと在廊してました。お忙しいなか、また足元のお悪いなか、お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。須恵器という焼き物について、レクチャーを受けたり、作者の想いをお客様と一緒に聞いて、意外に知らないつれあいの胸の内を垣間見る事ができたり。今回の作品は何だか違うと思ったことの何かが、少しだけ理解できた気がしました。古いモノや変わらない定番のモノも好きですが、せっかく今を生きているのだから、常により良いモノをと高みを目指し、ドキドキワクワクしているライブ感を使い手として一緒に楽しむのもまたオツなものかと。開催期間は10月7日(日)迄です。お時間ございましたら是非、足をお運びくださいませ。
d0259360_1252116.jpg

[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-10-01 16:46 | Comments(0)