ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

坂田さんのカバン。

臨時休業をいただいた先週末、宮津の海洋高校で寮生活をしている長男が久々に帰省するとのことで、お迎えにいってきました。

そのついでに、ぐるーーと回り道をして、三田のギャラリーうわのそらで開催中の村在住の革作家 坂田典子さんの二人展に。
d0259360_0472530.jpg
d0259360_0482111.jpg
d0259360_0484244.jpg
d0259360_0505895.jpg
d0259360_050280.jpg

今回、坂田さんの展示会に少し遠いけど思いきって行ってみたのは、彼女が新たなにチャレンジしたカバンがどんな作品なのか、見てみたかったからです。坂田さんのお財布に手帳カバー、ペンケースetc…。気が付けば、彼女の作品でわたしのカバンはいっぱいです。使い込むほどにいい感じに変わってゆく彼女の作品はシンプルでさりげなくて大好きです。でも、とってもいい革を使って、ひとつひとつ手縫いしているため、カバンとか大きなものがもっと発表できるようになったらいいのになぁ…と、いちファンとして密かに期待していました。数々の遊びの誘惑もがまんして、製作に没頭されていたこの秋の汗と涙の結晶(!!!)どれもとっても素敵でしたよ。毎日つかったらいい感じに育ってゆくんだろうな…と欲しくなった、あれ、これ。いつか…。
d0259360_110438.jpg

おなかぺこぺこでいただいたランチも絶品でした。


d0259360_141155.jpg


三田から宮津へは意外と近く、夕方には息子と友達を寮までお迎えに行き、夕ご飯は海の幸をいただきました。二ヶ月前に宮津に転勤されたK新聞のIさんとも久々にお会いして、美味しいお酒のお話など聞きながら…楽しいひと時でした。南北になが〜い京都。お迎えには三時間もかかるのですが、息子のおかげで、うれしい再会があったり、海の幸がいただけたり。「もうこの道も通い慣れたわぁ」といって長いみちのりを運転してくれるつれあいに感謝です。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-11-29 01:44 | おでかけ | Comments(0)

山口さんの椅子

d0259360_2157836.jpg
この連休中、京都のボンジュール!現代美術にて開催中の「山口さんの椅子」を観に行ってきました。
美山のコーヒ焙煎家 オオヤさんと大阪のsajiさんの企画で、京都の古い町家を会場にして、福岡県浮羽に工房を持つ木工作家 山口和宏さんの「先生の椅子」「チャーチ チェア」の展示販売をされています。
d0259360_2273214.jpg
d0259360_2274770.jpg
d0259360_2283931.jpg
d0259360_2293017.jpg


入り口に今年21歳になられた娘さんが十年間使われていた椅子が置いてあり、「これは?」と山口さんに尋ねたところ、「娘が白い椅子が欲しいと言うので、水性塗料を塗ってペーパーをかけたんだけど、、、」と笑って答えてくださいました。長い時間をかけてやわらかく娘さんに馴染んでいった椅子の姿に、椅子には家族の時間が刻まれてゆくんだ…と、ちいさな感動を覚えました。

我が家は畳の生活で椅子というものに縁がなかったのですが、じっくり腰掛けながら山口さんからお話を伺っていると、座りここちのよさと作品を生み出す山口さんの姿勢にすっかり魅了され、いつか椅子が必要になったときには、山口さんの「チャーチ チェア」を買おうと心に決めました。

つたない写真で会場全体の良さが少しもお伝えできていなくて残念ですが、
26日(月)・27日(火) 11:00~19:00 まで開催中です。作家 山口和宏氏も全日在廊されています。

場所:京都市中京区新烏丸通竹屋町上ル東椹木町121
問い合わせ:KAFE工船 075−211−5398 

久々に背筋がシャンとするような展示会を観ることができ、清々しい気持ちになりました。

紅葉のころ、みなさんもぜひ京都に足をお運びください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-11-25 22:57 | おでかけ | Comments(0)

やらかな冬の日ざし

d0259360_9124842.jpg
「昨日の朝、薄氷がはっていたよ」と息子が教えてくれました。山の上はすでに冬の気配が…。静かな店内にやわらかな光がさし、作品たちがまた違った表情をみせてくれます。
d0259360_925598.jpg
d0259360_9302383.jpg
d0259360_9285624.jpg
d0259360_9275515.jpg
d0259360_927919.jpg
d0259360_9262658.jpg
d0259360_9245583.jpg


あたたかいARABONに越冬の準備にきてるのかなぁ…
d0259360_9363586.jpg


やきものに囲まれた生活をしているせいか、異素材のものに無性に惹かれます。
紙。わたしたち夫婦はどこにいっても和紙を見ると買わずにはいられない性分です。
d0259360_9404571.jpg

滋賀県湖南市にある障害者の施設「紙楽」さんの紙すき工房「BANBAN」で作られている和紙をお取り扱いさせていただくことになりました。「雁皮」「楮」「荒楮」の三種類の和紙。ひとつひとつ手で漉かれた紙には、凛とした美しさがあります。
シンプルなカレンダーも素敵です。
d0259360_9481324.jpg

d0259360_950288.jpg


紙繋がりで、合わせ木作家 宮内知子さんの「ろくさんすごろく」もご紹介します。
木の小箱にぎゅっとつまった作品の数々。ろくさん家族とサイコロがたまらなくキュートなすごろくセット。冬のおくりものにぜひ!!
d0259360_9574776.jpg

新作のブローチも届いています。コートの襟元や、ニットにさりげなく添えるだけで、気分がぐっとアップします。
d0259360_9592767.jpg


冬のプレゼントのオススメはこちら。umさんの作品はすべて素敵な木箱付きです。
d0259360_1073929.jpg

d0259360_109288.jpg

d0259360_1094228.jpg
d0259360_1092230.jpg

「ありがとう」と伝えたいあのひとに…。がんばった自分へのごほうびに(笑)
冬は大好きな人たちへのささやかな贈り物を想う、楽しい季節でもありますね。

d0259360_10185667.jpg

今週末は離れて暮らす長男が久しぶりに帰って来るのの送迎で、臨時休業させていただきます。
来週は月曜日以外は山におりますので、平日でも来られる方はぜひ、ご連絡ください。
来週末は平常どおり営業いたします。
12月以降、ARABONをいつまで開けられるかはこれからのお天気次第になりますので、お越しになる際には事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-11-21 10:33 | ARABON | Comments(0)

臨時休業のお知らせ

d0259360_18303726.jpg
11月23日(祝).24日(土)
都合により臨時休業いたします。

23日は南山城村「むら活き生きまつり」が開催されますよ。

場所:南山城村 総合グランド(最寄り駅 JR月ヶ瀬駅)
時間:AM10:00~PM3:00

杵つき餅の振る舞いや産品ナベ、新鮮野菜や特産品の販売があります。
紅葉の美しい村へ、ぜひ遊びにいらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-11-20 18:39 | お知らせ | Comments(0)

こどもまち田舎プロジェクト 南山城村×どろんこ

ARABONを立ち上げたときに、ここが作家さんの作品を売るお店としてあるだけでなく、いろんな交流の場になったらと漠然と思っていましたが、先週末にあった「こどもまち田舎プロジェクト 南山城村×どろんこ」はまさにそんな場になりました。
事の発端は山ノ上マーケット&ARABONプレオープン直前の怒濤の追い込みの最中の出会いからでした。魅力ある村つくり推進室のMさんからNPOこどもアートという団体のKさんをご紹介いただき、彼女と話しているうちに、なんだかよくわからないけど、何か楽しいことになりそうだと、一緒にイベントをさせていただく運びとなりました。それから、短い期間に京都市左京区の子育てサークル「どろんこ」のメンバーのみなさんと数回の打ち合わせを経て、11月3日のイベント当日を迎えました。

d0259360_849439.jpg
d0259360_8523115.jpg
京都からのスタッフさんも前日入りしてくださり、準備も万端。お天気もよくなってくれて、みんなの来るのをワクワクドキドキしながらお待ちする。どろんこスタッフの愛のこもった名札。かわいいすぎる♡
d0259360_8571075.jpg


竃焚きの新米!!!!ハーモニー卯のH姉妹、ありがとうございました。
d0259360_8561610.jpg
d0259360_8554980.jpg

地元産のお野菜、味噌、猪がたっぷり入った猪汁!!!!
d0259360_92374.jpg

地元猟師Fさん自らふるまってくださった猪肉の唐揚げ!!!!いつもありがとうございます。
d0259360_932169.jpg


自然の恵みに感謝して、いただきます。
d0259360_944170.jpg


腹ごしらえの後は、本日のメインイベント
みのりの秋のおやつ時間のはじまりはじまり〜
d0259360_985610.jpg
d0259360_99764.jpg
柿の差し入れと一緒に遊びに来てくれたTちゃん、いつもお手伝いありがとう。


メレンゲ部隊。みんなでひたすら卵白をホイップ。
d0259360_918992.jpg

すでに仕込んで来てくださっていた最高の材料と合わせます。
d0259360_9204679.jpg



さて、この帽子の方はどなたでしょうか?
d0259360_9222583.jpg

正解:奈良でこだわりのバームクーヘンの専門店をされていらっしゃるデルベアさん。
今回ボランティアでご参加くださいました。デルベアさんにとっても初の野外炭火焼バームクーヘン作りでした。
d0259360_9283252.jpg
火力が足らない…炭追加!!!
d0259360_9293025.jpg
生地を塗っては焼き、塗っては焼き、なかなか根気のいる作業です。最後までがんばって下さったみなさん、ありがとう。
d0259360_9352928.jpg
焼きたてを、ナイフで削いでいただきした。つぎつぎと伸びるこどもたちの手。おいし〜〜〜い!!!!!ふんわりとして香ばしく、まさに幸せの味。少し寒かった童仙房の風景と一緒に、いつまでもみんなの記憶に残ってくれるといいなぁ。デルベアさん、ありがとうございました。
d0259360_9454027.jpg
焼きリンゴ!!!!
d0259360_9464152.jpg
ヘチマたわし作り!!!!お米、お野菜、竹、そしてヘチマの指導をしてくださった地元UETAUEのUご夫妻に感謝。

最後は、輪になってお茶会。自然のなかで大人もこどもも美味しいものを食べながら、わいわい話したり、作ったり、走り回ったり。楽しかった出会いに感謝の一日でした。
d0259360_9532047.jpg

そして…オオトリはどんこのCちゃんによる「しいたけダンス」!!!!ブラボー!!!!

d0259360_955727.jpg


突然の出会いから数ヶ月。田舎に住んではいるものの、田舎暮らしの達人でない私と引っ越して間もないRさんで受けてしまったこの企画。実はドキドキハラハラしてました。でもそんな私達を助けてくださった受け入れ側のみなさん、京都から遠路はるばるお越し下さったみなさん、プロジェクトスタッフのみなさん、そしていつも陰でサポートして下さっている村役場のみなさん、本当にありがとうございました。


d0259360_9594625.jpg

学生時代を京都で過ごした私にとって、「どろんこ」さんたちが住む左京区は青春の場所。卒業して間もなく童仙房に引っ越し、知り合いが誰もいないなかで夫婦で子育てに奮闘していた頃、乳母車に赤ちゃんだった長男を乗っけてひとりで散歩をしながら(ああ、京都で子育てしてたら価値観の同じ友達も沢山いるし、いろんな子育て情報も充実してて、もっと楽しく過ごせるのになぁ…)とため息まじりで思い悩んでいた事がありました。でも次の瞬間、まわりの風景を見渡すと、空はどこまでも澄んで広がり、爽やかな風に木々がゆれ、足元には小さな野の草花。(もし、私があのまま左京区に住んでて、ここに遊びにきたら、何て素敵なところ!って感動するだろうな…)ってひらめいた瞬間が、今でも忘れられません。それからは、ないものを嘆くのではなく、今ここに在ることを楽しもう、そうしないともったいないと思えるようになりました。もちろん、大変なこともいっぱいあったけど、いつも誰かに助けていただいて、泣いたり笑ったり、時には(いつも?!)おこったりしながら、男子二人の子育てに明け暮れた日々でした。そんな長男が家を出て高校から寮生活を始め、次男が中学に上がった年に、左京区のお母さんたちと出会って子育ての想いを共有できるなんて、不思議なご縁を感じます。今回の企画、初めての事だったので、至らぬ所も多々あったと思いますが、この出会いが一度っきりの打ち上げ花火で終わることなく、細く長く付き合いしていただけたらなぁと願っております。次回、みなさんとお会い出来るのを楽しみに…

ありがとうございました。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-11-08 11:28 | ワークショプ | Comments(0)

ARABONのお客様

d0259360_8434983.jpg
ARABONのロゴやショップカードをデザインしてくださったTさんと打ち合わせ。何やら楽しいことが始まりそうです。「この紙いいよね。」「このデザインいいなぁ。」好きなツボが一緒だと、ワクワクしながら仕事が進んでいきます。
d0259360_8581456.jpg
大きな壷も戻ってきました。

そして、うれしい再会が。
d0259360_932763.jpg

息子たちがお世話になった保育園の先生方が村の園児を連れて童仙房に遠足にやってきました。
d0259360_941865.jpg

かわいい園児さんたちが口々に拾った木の実の報告をしてくれました。小さいこどもたちからエネルギーをもらうのか、先生方はいつまでもお変わりなくお元気そうでした。
d0259360_9184247.jpg

今は閉園になった、なつかしの保育園を通って山へ蔓や葉っぱを収穫に。いってらっしゃ〜い。
d0259360_965388.jpg

まるで商店街のお飾りみたい!?散策のお土産に目が覚めるような美しい紅葉のイタヤカエデの枝をいただきました。
うれしかったなぁ…。

まるで絵本の世界のような、小さな保育園で楽しく過ごした息子たち。運動会や発表会、お餅つきに保育参観、振り返れば楽しかった行事の数々。ふだんの送迎の何気ない立ち話でさえ、知り合いがいない私たち家族にとってはありがたく、地域とのつながりがぐっと深くなったきっかけの場でもありました。その保育園が荒れ果てること無く、木工所として活用されているのは本当にうれしいです。

そうそう、ARABONの立っている所に、かれこれ30年以上前にプレハブの保育所が一年だけあったそうです。その入園式に五人くらいの園児に対して30人以上の来賓があり、パイプイスの重さに耐えられなくて床が抜けたというびっくりエピソードを園長先生からお聞きしました。その後、小学校の体育倉庫として建て替えられ、現在のARABONに至ります。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2012-11-07 10:04 | ARABON | Comments(0)