ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新緑のころ


d0259360_2153423.jpg

d0259360_2161439.jpg

d0259360_2165815.jpg

ARABONではサンキャッチャーのワークショップで楽しいひとときを過ごしました。
d0259360_2183815.jpg

d0259360_219938.jpg
d0259360_21153679.jpg



入り口のガラスの衝突防止に、何かいいものはないものかと考えていたときに、
ARABONの帆布ベンチの修理を宇宙椅子さんにお願いしていて、椅子を取りにきてくださるついでに、パートナーであるpananufwaさんのサンキャッチャーをお願いしました。せっかくだから自分で選んでつくったら〜というアドバイスに、なんとも味気ないくらいシンプルなものになりましたが、頭をからっぽにして、ただただ色や形を考えてものを作る時間ってやっぱり楽しいんです。ちいさなお客さまと一緒にしずかなしずかな創作のひととき。
d0259360_21291627.jpg

d0259360_213028100.jpg


d0259360_21362073.jpg

土曜日の夕方、おとなりの木工所富井さんのショールームオープンのお祝いに駆けつけた
稲垣大さんから素敵なプレゼントをいただきました。「The 薬味さじ」くいしんぼうのARABONでは全国の美味しい薬味を紹介したいという計画があり、それにぴったりの作品で久々にドキドキ!シュッとしていていい感じです。

d0259360_21461083.jpg

d0259360_2147966.jpg

これは何の木ですか〜?普段はめったに見られない富井さんの作品をゆっくり手に取って見られる贅沢な時間です。そして、おいしいお酒と肴でお祝いの夕暮れ。


晩ご飯は海の学校で学ぶ息子が帰省し、丹後の海の幸でイタリアン!
d0259360_21594310.jpg

d0259360_2201152.jpg


d0259360_2225264.jpg

あっと言う間の家族水入らずの時間を終えて、息子を宮津に送り届けてきました。
次に会えるのは夏休みかな?
駆け足のゴールデンウィーク前半でした。

ゴールデンウィーク後半の5/3、4のARABONは喫茶清水を計画中です。
清水善行マスターの美味しい珈琲や御抹茶のお手前を楽しみながら、お得なB品市があるとか…。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-04-30 22:13 | ARABON | Comments(0)

サクラ、サクラ

d0259360_2059378.jpg
桜といえば染井吉野か山桜とおもっていた私が、学生時代を過ごした京都で丸山公園の夜桜をたまたま散歩の途中に見た時の衝撃を、いまでもはっきりと憶えています。桜守の佐野藤右衛門さんが桜は枝垂れ桜が美しいと著書で語っておられたのが、こういうことだったんだ…と。ここ童仙房は京都とはいえ南のはずれの山の上。こんな鄙びた場所に誰にも顧みられることなくひっそりと咲く美しい枝垂れ桜に出会えたことは、私にとって特別な出来事のように感じられます。
d0259360_20595664.jpg

ARABONを改装する際、大工のフタコブラクダさんが最初に決めて下さったことが、桜の木の下にデッキを作ることでした。
d0259360_2173482.jpg

d0259360_21111392.jpg

入り口は店内からもこの木を眺められるようにとガラス張りに。
d0259360_21144736.jpg

毎日、毎日、桜を眺めてはお茶会の日を指折りかぞえ、どうか、散らずにこの美しさを保ってくれますように…いいお天気で過ごせますように…と祈る日々でした。
d0259360_2127198.jpg

d0259360_21274218.jpg

d0259360_21272937.jpg

もしも散ってしまったときのために、咲き始めのお花をつんで桜茶の準備も万端に。
d0259360_21372667.jpg



4/20 『山笑う春ARABONお茶会』 喜喜茶:お茶 だいどころ飛鳥:お弁当 清水善行:器
d0259360_21425930.jpg

d0259360_214762.jpg

まずはお花をつんで、
d0259360_2148982.jpg
d0259360_21482571.jpg

氷砂糖と熱湯をそそいで桜茶の汲み出しをいただきました。杏仁豆腐のような甘い香り?初めての桜茶は春の息吹そのものでした。
d0259360_21521566.jpg


d0259360_22554924.jpg


そろそろお昼。桜を眺めながら皆さんにお好きな場所でだいどころ飛鳥さんのお弁当をいただきました。
d0259360_233569.jpg

たけのこ、つくし、グリーンピース、桜のおむすび。春満載の心尽くしの品々に、お花見気分がよりいっそう盛り上がります。



そして、いよいよ出張茶館 喜喜茶さんによる中国緑茶の新茶を楽しむお席です。
d0259360_23361953.jpg

d0259360_23365973.jpg

d0259360_23373448.jpg

d0259360_23475896.jpg

少し改まった気持ちでいただくお茶は、身体のすみずみまで沁み入るような清々しさ。

d0259360_2346043.jpg

お菓子は蒸したてホカホカの黒豆と黒豆きなこの蒸しカステラ。おもわず笑顔になりました!
d0259360_23552428.jpg

d0259360_23572862.jpg


ARABONで企画した初めての催し。至らぬところも多々あったと思いますが、お越し下さったお客様が、それぞれに一期一会のご縁をたのしんでくださってる様子に、こちらまで幸せな気持ちにさせて頂きました。
喜喜茶の絵美子さんがうちに遊びにいらしたときに、ツリーハウスでお茶を頂きながら「台湾の茶園ではこんな風に眺めのいい茶屋にお茶とお湯と軽食があって、みんな一日中そこでお茶をしながらのんびりおしゃべりをして過ごすんですよ〜」と教えてくださいました。その時はこんな風に一緒にお茶会を開くことになるとは思いもしませんでしたが、ARABONがそんな場所になるといいなぁと。。。せっかくお茶の産地に住んでいるので、これからもっとお茶の楽しみを皆さんとシェアできたらと願っています。
楽しいひとときを過ごしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
次回は夏の烏龍茶のワークショップで!

d0259360_23582053.jpg


なれない仕事に大切な記録写真を途中から撮り忘れがあり、今回参加して下さった さゅ♪様から提供していただきました。さすがのアングルで勉強になります。どうもありがとうございました。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-04-26 00:53 | ARABON | Comments(0)

ARABONお茶会のおしらせ

d0259360_2030499.jpg

里の桜はこの嵐で散ってしまったようですが、山の桜はようやくちらほら咲きです。

d0259360_20351491.jpg


「山笑う春」ARABONお茶会のおしらせ

4/20(土)11:00〜15:00

出張茶館 喜喜茶 お茶とお菓子
だいどころ飛鳥  お弁当
清水善行    うつわ

お茶席 1300円(お茶とお菓子)
点心席 2300円(お茶とお菓子、お弁当+童仙房在来ほうじ茶)

春の良き日、山の上マーケットでもおなじみの奈良の出張茶館 喜喜茶さんとだいどころ飛鳥さんにお越し頂き、ささやかなお茶の会をいたします。

お好きな時間にお越し頂き、春の汲み出しをいだたいた後、お弁当はそれぞれお好きな場所で召し上がっていただき、しだれ桜の下できちゃさんによる中国の新茶のお手前を楽しんでいただく、自由なスタイルのお茶会です。どうぞ、お気軽にご参加ください。

お茶とお菓子、お弁当ともに20名限定となっておりますので、どうぞご予約ください。なお、お子様連れの方には、飛鳥さんのおむすび一個150円、喜喜茶さんのお菓子150円にてご用意いたしますので、合わせてご予約ください。

d0259360_21102911.jpg

d0259360_21105624.jpg

d0259360_21151881.jpg

[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-04-07 21:23 | お知らせ | Comments(0)

清水善行 +旅するARABON in 萩 俥宿

2013.3.30sat-4.7sun
先週末は山口県萩 俥宿 天十平にて開催中の清水善行展+旅するARABONに家族で行ってきました。
d0259360_19573760.jpg

京都から萩までは車で8時間以上の長旅です。西に向かうにつれて山の景色も春めいて来て、心も身体もふんわりとほぐれてきます。
d0259360_2054321.jpg
二年に一度、つれあいの展覧会で訪れる萩ですが、清水家のお墓参りに防府に立ち寄るのが恒例です。ご先祖様にごあいさつ。。。

d0259360_20195216.jpg

d0259360_20384872.jpg

d0259360_20393030.jpg

萩といえば夏みかん。懐かしい風景の小径を歩き、俥宿 天十平さんにたどり着きました。
d0259360_20421624.jpg

d0259360_20442352.jpg

d0259360_20452791.jpg

d0259360_20471563.jpg

d0259360_2048772.jpg

d0259360_20485316.jpg

d0259360_20503124.jpg

d0259360_20515174.jpg

d0259360_2058401.jpg

今回はARABONも隣の小部屋で出張展示会。初めての経験でしたが、みなさんに喜んで頂けて本当によかったです。
d0259360_2131482.jpg

d0259360_2134892.jpg

d0259360_2142581.jpg

d0259360_2145832.jpg

d0259360_2153976.jpg

d0259360_216877.jpg

そして村でこの春オープン予定のfrontさんもはるばる出張料理で参加してくださいました。
d0259360_21203152.jpg

南山城村産天然猪肉の煮込み手打ち生パスタ。これから村でこんなに美味しいパスタが食べられるかと思うとわくわくするような絶品パスタでしたよ。器との相性もバツグンで、村の和紅茶と共に萩のみなさんに南山城村の良さを垣間見て頂けたランタイムでした。
d0259360_21211727.jpg

二年に一度の清水善行展に必ず足を運んで下さるお客様。そして今回初めて出会えたお客様。ふだん山の上で暮らしていると、展示会に出向いて、作品を介して繋がるご縁がとってもありがたいです。皆様、本当にありがとうございました。

d0259360_2147248.jpg


俥宿さんの姉妹店コトコトの二階で合宿生活をしながら過ごした4泊5日。最初に出会ったときはお互い小さかった子どもたちが、中学、高校生になってもまるでいとこのような馴染み具合で仲良く過ごす様子は本当にほほえましかったです。うちの家族とfront家族の大所帯を受け入れてくださった俥宿さんご家族に感謝しています。
d0259360_21274616.jpg

そして萩に行ったらぜひ体験していただきたいのが俥宿のオーナーが引く人力車。その乗り心地や車からの景色がなんとも心地よく、人力車にゆられて萩の街中を案内してもらうと、一昔前の日本人ってこんな感覚の世界で暮らしていたんだというのが体感できて、それはそれは贅沢で貴重なひとときです。
d0259360_2129996.jpg


今回は萩滞在のついでに、長男Gの進学希望の学校が下関にあるというのでドライブがてら足をのばしてみました。
d0259360_22331178.jpg

道中に立ち寄った長門市のお食事処いさ路。おいしかった!
d0259360_22382444.jpg

そして旅に欠かせないのが温泉です。長門市の山間部にいい感じで残っている湯治場があると聞き俵山温泉に。本当にやってるの?というくらいひっそりとした小さな温泉街の「町の湯」。なんでもないような店構えでしたが、掛け流しのお湯はトロンとして、いつまでも身体がぽかぽかするいいお湯でした。また行きたいなぁ。。。
d0259360_238860.jpg


旅の終わりは津和野へ。絵本作家の安野光雅さんの故郷で、高校生の頃からいつか行ってみたいなぁ…と想いを寄せる場所でした。その後つれあいの展示会がご縁で、萩のあとは必ず立ち寄る場所になりました。
d0259360_233878.jpg

素敵なご家族が営まれているお店、俵屋種苗店さん。
d0259360_2338522.jpg

種や苗だけでなく、娘さんが選んだ器や雑貨が展示してあるCECILIAというお店もありますよ。
d0259360_23464741.jpg

山に囲まれ、豊かな自然と赤瓦と白い壁の古い建物が残る美しい町並みは、安野さんの旅の絵本に出てくるヨーロッパの風景にどこか似ているようで、萩と共にいつまでも残して欲しい日本の風景です。
d0259360_0245452.jpg


楽しかった旅から帰り、今週末からはARABONも通常営業をはじめます。
入り口のしだれ桜もそろそろ蕾がふくらみ、山にも春がやってきました。
村の作家さんたちの新作も並んでおりますので、どうぞ遊びにいらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-04-04 00:47 | | Comments(0)