ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

臨時休業のお知らせ

d0259360_21392652.jpg

明日、明後日のARABONは誠に申し訳ございませんが、臨時休業致します。
週末は京都の花屋みたてさんにて開催中の清水善行 花入・壺展に出張します。6/1、2は京都吉田山大茶会に参加している喜喜茶さんのお茶会や高麗美術館で開催中の朝鮮のやきものと木工芸ー日本の民芸との関わりー展もおすすめです。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-05-30 22:00 | お知らせ | Comments(0)

緊急告知。

d0259360_1102669.jpg

京都の花屋みたてさん
d0259360_1111893.jpg

やきもの屋清水善行が出会い、花器展をさせて頂く運びとなりました。
d0259360_1134792.jpg


清水善行 花器展(仮)

会期:5/29(水)ー6/16(日)
会場:花屋みたて 奥の間 京都市北区紫竹下竹殿41

d0259360_1163376.jpg


会期中の5/29(水)、6/2(日)は、「みたて手習い」と「喫茶清水」もあります。
d0259360_120418.jpg


みたてさんとの出会いは去年の秋、うつわ京都やまほんさんでの清水善行展におふたりで来て下さり、「須恵器が好きなんです。」といううれしい一言から始まりました。お若いのに足元が地下足袋だったので、思わず「造園業されてるんですか?」とお聞きすると、その頃はまだ実店舗を持たずにお花の仕事をされているとのこと。それから数ヶ月が経ったこの春、素敵なお店をオープンされて間もないお忙しい中わざわざ山の上まで来て下さり、ARABONのバックヤードで眠っていた花器たちを明るい場所に連れ出して下さることになりました。尽きることのない花入れ談義。シンプルなデザインの暮らしの器を提案するのが主流の今、どんなに在庫が増えようが、めげずにひたすら自分が好きな形を追い続けてきただけに、その作品を「いいですね」と共感してくださる方々との出会いは、つれあいの清水にとって何事にも代え難い喜びであるはずです。
d0259360_1375499.jpg

d0259360_1392211.jpg

今年の母の日にみたてさんでお願いしたお花たち。

d0259360_141193.jpg

d0259360_1451932.jpg


高麗美術館からほど近い、落ち着いた場所に花屋みたてさんはあります。
昨日急遽決まった展示会。ゲリラライブのようでええなぁ〜と本人は喜んでおります。
私もみたてさんがどんなお花を生けてくださるのか、いまからとっても楽しみです。
どうぞ、みなさんもわくわくするような出会いを見つけにいらしてください。

「みたての手習い」や「喫茶清水」の詳細につきましては、みたてさんのHPをご覧になってください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-05-24 01:56 | お知らせ | Comments(0)

空から蝶を呼ぶ場所づくり

6月から「空から蝶を呼ぶ場所づくり」にARABONも参加させていただくことになりました。こどもたちと地域の自然を調査しながらビオトープ(バタフライガーデン)をつくってゆきます。

前半の日程
6/23(日)、7/28(日)、8/24(土)
10:00〜12:00

みなさん、日曜日のひと時、童心に戻って蝶に現を抜かして過ごしませんか?
詳細は追ってお知らせします。
d0259360_21332716.jpg

[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-05-20 21:38 | お知らせ | Comments(0)

母の日のおくりもの

「もしもし、ありがとう。すてきなお花がとどいたよ〜」電話の向こうからうれしそうな母の声が。
d0259360_22403361.jpg

みなさん、どんな母の日を過ごされたのでしょうか?
ARABONでも「母にプレゼントします」って、いろいろ迷ってお買い上げくださるお客様もいらっしゃったのに、母の日ってなんだかデパート商戦にのせられてるようであまり好きじゃないんです。でも今年はすてきなお花屋さんに出会って、数十年ぶりに母の日にお花を送りました。
d0259360_22473290.jpg

京都、大徳寺にほど近い町家を改装されて、この春オープンされた花屋みたて
d0259360_2252293.jpg

華やかな洋花のブーケも好きなんですが、こんな風にしっとりとした、京都らしい草木のアレンジをお願いできるお花屋さんってうれしい存在です。山歩きと山野草が好きな実家の母にはぎゅっとした感じのアレンジを。植物を育てるのが好きな京都の義母には「花いかだ」の雄株と雌株の寄せ植えをお願いしました。みたてさんでは、お花の教室やお茶事もされるそうですよ。高麗美術館も近くです。お近くに行かれる際はぜひ、お立寄りください。

d0259360_238747.jpg

山の上は藤が風にゆれていい香りが漂う季節です。
d0259360_238847.jpg

d0259360_23102079.jpg

お茶の産地に引っ越して来て数年たったある時、茶畑全体がうすきみどり色に変わる日が分かるようになりました。やわらかな新芽のベールで包まれたような風景。それから数日後、いつもは静かな山間の集落が一年に一度にぎやかになる新茶の収穫の時期がやってきます。お茶農家さんの家々の工場からはお茶を揉む機械のがちゃがちゃという音とともに、新芽を蒸すさわやかな香りがただよってきます。今年のお茶はどんなかな〜新茶をいただくのが今からとても楽しみです。



d0259360_23212328.jpg

「お茶のじかん」
kiringuraficaのりえさんから新作が届きました。そういえば、「茶漉しを使うようになってから、茶柱が立たなくなったなぁ…」ってつれあいがぼやいてました。
d0259360_23263639.jpg

新茶と一緒に送りたくなるようなポストカード「お茶畑」もすてきです。

d0259360_2328576.jpg

本当は「母の日のプレゼントにどうぞ!」ってアップしたかった、いるふ。宮本さんの春色ガマ口。
d0259360_23302037.jpg

宮内さんのBOXも見れば見るほど魅力的。
d0259360_23324128.jpg

そして清水善行作、須恵のカップ。男性は「いいなぁ〜」と手に取って下さるんですが、女性陣からは「長過ぎて洗いにくそう…」とのご意見をいただいております。そうなんです、若干洗いにくい感じは否めないのですが、これからの暑い季節、これにビールを注ぐときめ細かい泡が立ち、それがずーと消えずに残って、それはそれはとっても美味しくいただけます。ビール好きのお父さんにぜひ!と早すぎる父の日商戦です(笑)

今日の街中はとっても暑い一日でした。
これからの季節、山の上は別世界のようにさわやかな空気の流れる場所です。
どうぞ、お遊びにいらしてくださいませ。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-05-12 23:52 | ARABON | Comments(0)

日々のうつわ

マカイ
d0259360_12384683.jpg

d0259360_12393056.jpg

マカイとは沖縄の呼び名で多目的碗として使われているうつわです。
作者の清水善行は沖縄にいくたびに古いマカイに魅了され、自身も作り始めて10年ほどになります。我が家では飯碗や、汁碗、小鉢にも使っています。大きさや風合いも作る度に違うのでいろいろな楽しみ方が出来るまさに多目的碗です。初期の作品はかっちりした作りでしたが、だんだん見込みもゆったりとした、おおらかな気持ちのいいうつわになってきたように思います。
須恵マカイ 口径13㎝
白磁マカイ 口径12〜13㎝


一文字皿
d0259360_133785.jpg

伊万里焼にある形で、漢数字の一文字のように平らなところからこう呼ばれています。
こちらも作り続けて10年以上の数少ない定番の作品ですが、作るたびに大きさや釉薬の感じが変わるので、微妙にちがう一文字皿が我が家にはたくさんあります。和、洋食どちらにもよく合い、使わない日がないほど大活躍のお皿です。
白磁一文字皿 21㎝


パスタ皿
d0259360_17214639.jpg

一番新しい作品です。萩の俥宿さんでの個展でお出ししたイタリアンランチに合わせて製作しました。たっぷりとあるリムが美しい余白となって、いつものパスタがちょっとよそいきな、おしゃれな感じになります。
白磁パスタ皿 24㎝


豆皿
d0259360_17303434.jpg

d0259360_17305115.jpg

               須恵豆皿 10㎝

d0259360_17322241.jpg

d0259360_17324389.jpg

               信楽豆皿 11㎝

d0259360_17332984.jpg

d0259360_17334163.jpg

               白磁豆皿 12㎝


銘々皿
d0259360_17503115.jpg

d0259360_17511698.jpg

                白磁皿 15㎝

d0259360_1752108.jpg

                白磁皿 12㎝


d0259360_1753998.jpg

d0259360_17532977.jpg

                染付け皿 16㎝


d0259360_17553685.jpg

                白磁カップ 7×8㎝


d0259360_1756298.jpg

                須恵カップ


d0259360_1757729.jpg

                須恵碗

d0259360_17583450.jpg

                須恵ぐい呑み



新作から定番の作品まで、ARABONのバックヤードに少しずつ清水善行の作品のストックが整理されてきました。今回ご紹介した作品の他にも花器や酒器、碗、大皿など、ご興味のあるうつわがございましたらお問い合わせください
d0259360_1862258.jpg

d0259360_186502.jpg



d0259360_1873462.jpg


d0259360_18133492.jpg


d0259360_1812763.jpg


街は初夏のような陽気になってきましたが、山の上は樹々の新芽がまぶしいさわやかな季節です。
金、土曜日以外もお問い合わせいただき、都合がつきましたらいつでもお店を開けますので、
オープンしたての村のカフェfrontさんと合わせてお出かけください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-05-06 18:20 | くらし | Comments(0)

喫茶清水と陶器市

明日からゴールデンウィーク後半、ARABONは金、土と通常通り営業です。
d0259360_10175085.jpg

せっかくのお休みなので喫茶清水をしてみようかと。
珈琲をこよなく愛するマスター清水善行が、中山珈琲焙煎所のコーヒー豆と特製スコーンを焼いてお待ちしております。
d0259360_10265134.jpg


d0259360_10233010.jpg

童仙房在来ほうじ茶や
d0259360_10241153.jpg

村の木野製茶園さんのお抹茶と美味しい羊羹のセットもご用意してます。

そして、なつかしの「自宅で陶器市」が二日かぎりの復活です。
最近焼いた白磁の窯のB品や半端ものなど、個展には出せない品々を少しだけ、こっそり並べます。
d0259360_10502438.jpg


この週末は同じ村のふもとに昨日オープンしたイタリアンカフェfrontさんで美味しいランチを食べてからARABONへぜひ!
d0259360_10474978.jpg

土曜日はARABONのおとなり、富井貴志さんの木工所のショールームもオープンしてますので、合わせてご覧いただけます。
d0259360_12125197.jpg


新緑の美しい南山城村へどうぞいらしてください。

ドライブを楽しみたい方には三国林道を滋賀県信楽町多羅尾方面に抜けて、
三重県の阿山町にあるギャラリーやまほんさんで開催中の「千皿展」や長谷園の窯出し市がおすすめです。
もうひと足のばせば、ギャラリーマンマミーアさんやMIHO MUSEUMもお車で一時間圏内です。渋滞なしの山道ドライブをお楽しみいただけますよ。お子様連れや歴史好きの方には163号線をまっすぐ進んで伊賀上野城の忍者屋敷もおすすめです。城下町を散策しながらcafe wakayaさんでまったりお茶するのもいいなぁ…。そしてお帰りは島ヶ原温泉やぶっちゃの湯へ。

なんだかガイドブックのようになりましたが、京都とはいっても南のはずれ、三重県、滋賀県、奈良県との県境にある南山城村は、こんな風にいろんなところが意外に近く(田舎では車で3、40分は近い感覚なんです)楽しいスポットが点在しています。
どうぞ、ゆっくり遊びにいらしてください。カーナビでは機種によっては出てこない道もありますので、初めてお越し下さる方や山道ドライブをお考えの方はお問い合わせください。
080-1566-8822  (シミズ)
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-05-02 11:46 | お知らせ | Comments(0)