ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

空から蝶vol.2&アラボン日曜市

d0259360_2111681.jpg
d0259360_21112818.jpg

d0259360_21322521.jpg

いよいよ夏休みですね。
7/28(日)は第二回「空から蝶を呼ぶ場所づくり」です。
第一回のワークショップでは、子どもだけでなく、おとなもみんな童心に戻って必死にチョウチョを追っかけて楽しい一日を過ごしました。二回目に備えて、マイ捕虫網を準備する大人も続出とか(笑)。参加希望の方は、保険やテキストの都合上、お早めにご連絡ください。

d0259360_2333358.jpg

『アラボン日曜市』
息子が小さいころ大好きだった絵本のひとつに西村繁男さんの「にちよういち」がありました。高知の伝統的な日曜市の風景を高知弁の女の子の目線で描かれていて、まるで自分たちも市場にいるような楽しい気分にひたった絵本でした。そんな市になったらいいな…と願いを込めて、月に一度、空から蝶に合わせて村の美味しいお野菜や特産品、そして村ではめったに食べられないとびっきりのおやつなど少しずつみなさんにご紹介する、アラボン日曜市をはじめることにしました。年に一度の山ノ上マーケットもいいのですが、もっと日常生活の延長にマーケットがある風景が理想だなぁ…って思うんです。農家さんが手塩にかけてつくられたお米やお野菜。吟味された材料で丁寧につくられたお菓子やお料理。コツコツと、黙々とひとつの事に打ち込む姿はARABONで紹介する手仕事の作家さんたちと同じなんだけれど、形としては残らないものに精魂こめる姿にいさぎよさを感じます。

ハト畑さんのトマト。ことしも真っ赤に熟してきたそうですよ。ハト畑通信も楽しみです(笑)
d0259360_21384797.jpg

テントンさんのチーズケーキもやってきます!第一回の空から蝶にご家族で参加してくださったテントンさんにお願いして、今回山の上まで届けてくださる事になりました。村のみなさん!そうじゃない方ももちろん、この機会にぜひお召し上がりください。
d0259360_21542479.jpg

d0259360_21442142.jpg

定番[テントンのチーズケーキ](1カット300円、1ホール3,150円)、期間限定[完熟バナナとチョコのチーズケーキ](1カット300円、1ホール3,150円)、[マンゴープリン](1個350円)。只今ご予約受付中です。準備の都合上、7/24までにARABONまたはテントンまでご予約ください。
d0259360_2291666.jpg

うえだブルーベリー畑さんの美味しいブルーベリーや夏野菜の販売もあります。
夏休み、村で一番オススメのスポットがブルーベリー狩りです。みなさんそれぞれお気に入りのブルーベリー農家さんがあるようですが、うえだブルーベリー畑さんの畑は見晴らしが良く、手作りの休憩場所が充実していて、うちにブルーベリーの木が沢山ある私もテンションの上がる、とっても素敵な空間です。空から蝶の後、お弁当もって行かれるのもいいですね。こちらも予約制になっておりますので、直接うえだブルーベリー畑さんまでお問い合わせください。
d0259360_2274839.jpg

d0259360_2294712.jpg


今週末は烏龍茶作りのワークショップ、そして来週は空から蝶。なんだか盛りだくさんのARABONですが、金、土はチリン、チリリンと風鈴の音が響くのんびり時間が流れる空間で、みなさまのお越しをお待ちしております。

↓「空から蝶」「テントンさんのチーズケーキ」のご予約↓
tel 080-1566-8822/mail arabon@shimizu-yoshiyuki.com
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-07-19 00:01 | お知らせ | Comments(0)

童仙房在来種の烏龍茶づくり 2013


d0259360_893854.jpg

d0259360_8324292.jpg


毎年恒例になりつつあります、喜喜茶さんによる童仙房在来烏龍茶作りのワークショップ。
今年は耕作放棄された茶畑の茶葉を使い、無農薬無化学肥料の烏龍茶を作ります。
朝から茶摘みをして、発酵、揉む作業を全員で行います。出来上がったお茶はお土産としてお持ち帰りいただきます。

日時:7/21(日)9:00〜17:00
場所:野殿童仙房小学校駐車場 集合
持ち物:摘んだ茶葉を入れるざる(あれば竹製のもの)、手ぬぐい又は晒し布(お茶を揉むのに使います。汚れてもいいもの)、帽子、水筒。
参加費:大人1500円
    だいどころ飛鳥さんのお弁当のご予約は〆切りました。
    おにぎり単品150円でご予約承ります。

d0259360_8335484.jpg

毎年八月の終わりに童仙房で行われる「山ノ上マーケット」。そこで喜喜茶さんが淹れてくださっている氷出しの烏龍茶。そのための仕込みとして始まった童仙房在来烏龍茶作りのワークショップでしたが、早いもので今年で三回目になります。年々参加者も増え、いつもなにげなく飲んでいるお茶がこんなふうに手作りで出来るなんて!と最後に喜喜茶さんが淹れてくださるお茶を頂きながら、参加した皆さんと感動を分かち合う、なんとも贅沢な一日です。お日様の力で発酵させた在来種の烏龍茶、とっても美味しいんです。お弁当の予約は〆切りましたが、ワークショップの参加はまだ可能ですので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-07-17 08:54 | ワークショプ | Comments(0)

「山滴る夏」2013.7/12(金)→8/24(土)

d0259360_14432926.jpg

『風鈴と夏のうつわ展』
 今井 美智[ガラス]
 宮下 香代[紙造形]

「山笑う春」では喜喜茶さんによる中国茶のお茶会を愉しみました。
「山滴る夏」では今井美智さんのガラスの器と宮下香代さんの風鈴の展示会をいたします。

d0259360_14521681.jpg

今井美智さんは金沢でガラスを製作されています。彼女とのご縁は随分昔、学生時代に京都の映画館のスタッフとして働いていた頃にさかのぼります。その後、いろんな場面で再会することがあり、コロンと大きな彼女の器は我が家の暮らしにすっかり馴染んだものになっていました。
ゆったりとした話し方の彼女の空気感そのままの、独特のふうわりとのびやかなフォルムが美しい作品が大好きです。今回の企画展のために送って下さった150点もの作品に囲まれて伝わってくるのは、この暑さの中、1200〜1300度の坩堝でガラスを溶かし、その熱い塊に息を吹き込み成形してゆく作業はただごとではないという気迫のようなもの。そんな大変さを微塵も感じさせず、飄々としたただすまいでいられる彼女の創作力の源はいずこから?かわいらしさと大胆さを併せ持った作品をぜひご高覧下さい。21日の烏龍茶作りのワークショップに合わせて今井さんも金沢からいらしてくださいます。ガラスと共に彼女のライフワークになっている中国茶。去年は台湾にも語学留学させていた程の愛好家です。喜喜茶さんとどんなお茶談義になるのか、いまからとっても楽しみです。
d0259360_15333077.jpg



d0259360_1895972.jpg

宮下香代さんは愛知県にお住まいの紙造形作家さんです。
ちょうど去年の今頃、大阪でお世話になっているSHELFさんでオーナーの梅本さんを介して偶然お会いしたのがきっかけで、その時に分けていただいたのが真鍮の風鈴でした。一目見たときから、その独特の美しさに惹かれ、紙造形という特殊なジャンルで制作活動をさせれている宮下さんのファンになりました。その後、つれあいの清水が宮下さんが企画されたグループ展、毎日を考えるvol.2「飲む」に参加することになり、名古屋のスタジオマノマノに初めておじゃましました。ここで制作活動をされながら、様々なイベントを企画されている宮下さん。お忙しいなか、こんな山の上の小さなお店に作品を展示していただけるなんて、とっても光栄です。関西ではなかなか拝見できない彼女の作品の魅力にふれていただける今回の二人展。真鍮や江戸風鈴のチリン、チリリンという美しい響きとともに、風にゆれる宮下さんの紙造形の妙をぜひ、お楽しみください。
d0259360_18113552.jpg



今回、初顔合わせのおふたりの作品ですが、はやくも息がぴったりの涼やかなハーモニーを奏でています。ARABONで皆様にご紹介できますことを心から感謝しております。
山の上の空気はとっても気持ちいい季節です。ブルーベリー狩りfrontさんでのランチと合わせてぜひ、遊びにいらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-07-11 18:24 | お知らせ | Comments(0)