ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山眠る 冬

d0259360_126176.jpg

2013.12.6(金)→2014.3.29(土)


村にゆかりのある7人の作家による
それぞれのgifts。
静かな空気の張りつめた
冬のARABON。
薪ストーブを焚いて
お待ちしております。


12/6 Suelu アコースティックライブ 13:00〜
     frontランチ(サンドウィッチ&ドリンク)
     [この日の営業は15:00までとなります。]

12/7 パン工房のら 石釜天然酵母パン


山笑う春
山滴る夏
山装う秋

そして

山眠る冬。

縁あって同じときを同じ村で過ごした7人の作家の展示会です。

日々制作にはげむ隣人たちがそばにいる暮らしは、
おだやかで、喜びにみちています。

制作に没頭しているときは近くにいながらも顔を合わせないことの方が多いですが、
産みの苦しみ、楽しみの後、展示会で並ぶ作品は、まさにそれぞれの今の写し鏡。
古いものも好きですが、現代作家さんの作品に惹かれるのは、その時々で変化してゆく今に立ち会えるからかもしれません。

MさんとそれぞれのGIFTについて語った夜や、人はそれぞれの使命を果たすためにこの世にうまれてきたんだと思うんですって話してくれたTさんの言葉が後押ししてくれて、今回の展示が実現しました。

初日12/6(金)は村在住のミュージシャンSueluのライブとfrontランチがお楽しみいただけます。
どうぞみなさん、冬の山の上にあそびにいらしてください。

d0259360_1255161.jpg

[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-12-02 15:00 | お知らせ | Comments(0)

ありがとうございました。

d0259360_18321335.jpg

「山装う秋展」と「空から蝶を呼ぶ場所作り」。おかげさまで本日、無事終了しました。
d0259360_1835095.jpg

d0259360_183453100.jpg

秋が深まるごとにかがやきを増す景色をたのしみながらの展示会でした。
おしゃれなバックルが欲しいという坂田さんと、ベルトを作ってみたいという上田さんの想いがステキに花開いた今回の作品。素材のもつ美しさを生かしたものつくりにこだわるおふたりだからこそ、多くの方が手に取ってみたくなるような魅力的な展示会になったんだと思います。お忙しいところ、山の上までお越し下さった皆様、ほんとうにありがとうございました。坂田さん、上田さん、おつかれさまでした。合宿しながらの創作にご一緒させてもらって本当にたのしかったです。次回も期待しています!

6月から始めた空から蝶、今月が最後の会でした。
d0259360_18532510.jpg

d0259360_18531478.jpg

d0259360_18533691.jpg

d0259360_18534660.jpg

11月はあんなに飛んでいた蝶も、12月に入ってぱったりとどこかに隠れてしまったようです。越冬する蝶もいるということで、かんばって探しましたが残念ながら蛾しか獲れませんでした。いままでの蝶のおさらいをしたり、食草のお話をきいたり。来年春の空から蝶に向けて、もっと蝶のことが知りたくなるようなお話でした。残念ながら草刈りで刈られてしまったバタフライガーデンに素敵な目印を最後にみんなで制作して、おわかれしました。
知ってるようで知らない蝶の世界を通して、当たり前のようにすぐそばにいる虫や草花の営みが、ふしぎで魅力的な存在だと気づかせてくださった道端先生、本当にありがとうございました。
みなさん、来春また山の上に捕虫網を持って集まりましょう。

来週12月6日からは山眠る冬「GIFT」展がはじまります。
d0259360_19154130.jpg

d0259360_191634.jpg

[PR]
by dousenbou-arabon | 2013-12-01 19:17 | ARABON | Comments(0)