ブログトップ南山城村童仙房・arabon公式ブログ

<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

喜喜茶さんの中国茶会

2014.4.19   山笑う春 にふさわしい良き日のお茶会となりました。
d0259360_20574015.jpg

奈良にて中国茶の教室と出張茶館をされている喜喜茶さんのお手前でうっとりするような時間がはじまりました。
d0259360_20514697.jpg

一のお茶:花湯 ARABON 枝垂れ桜/白磁湯呑 しおや特製 琥珀寒/白磁皿
d0259360_2113698.jpg

薄紅色のベールに包まれて、まるで「細雪」の世界。
d0259360_2113999.jpg

二のお茶:野点て 茶 白龍珠/白磁蓋碗 野焼き五徳
d0259360_21154480.jpg

美味しい点心と香り高いジャスミン茶を戴きながら、ときおり桜吹雪が舞うのを楽しみながらのピクニックのような野点てでした。
d0259360_21211054.jpg

d0259360_21194127.jpg

まるで桜の精のような喜喜さんの娘さん。日常茶飯事とはこの事では?うまれる前からお茶と共に在るからこそのお手前でした。
d0259360_21314375.jpg

d0259360_21524538.jpg


三のお茶:春の新茶 中国緑茶 大佛龍井/白磁鉢 盃 散蓮華 二段重 /しおや特製青大豆きなこボーロ、喜喜茶 マーラーカオ
d0259360_2132463.jpg

d0259360_21533149.jpg

お忙しいなか山笑う春のお茶会にご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。
いつもの如く晴れ女パワーで夢のような一日を演出してくださった喜喜茶さんとご家族のみなさんに深く感謝いたします。打ち上げでのおふたりの馴れ初め話も楽しかったです。そして、期間中二度に渡って金沢よりおいしい米粉菓子を送って下さった「しおや」さん。彼女のお菓子の繊細かつ懐かしいお味が今回のお茶を引き立ててくださいました。素敵なパッケージはご主人のデザインなんだそうです。丁寧なお心遣いをありがとうございました。これからも、季節のお菓子を定期的にお願いしようと思っていますので、どうぞお楽しみに!!
琥珀糖と文旦ピール
d0259360_2265374.jpg

米枝 黒糖くるみと五色豆
d0259360_227449.jpg


清水善行陶展「白い土器と磁器」もいよいよ最終です。追加で納品されました蓋碗や散蓮華、茶杯などもございます。週末のドライブにぜひ、お立ち寄りください。尚、最終日の26日(土)は都合により15時までとさせていただきます。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2014-04-24 22:45 | ARABON | Comments(0)

おとづれ

山笑う春のおとづれとともに、うれしい出会いが。

「クラヴィーコードの演奏ができる静かな場所をさがしている方がいて、ここは車の音も室外機の音もしないから、きっとぴったりだと思う。」初めてARABONにいらしたEさんのひらめきから二日後、その演奏者内田 輝さんがいらしてarabonで演奏してくださる運びとなりました。
d0259360_1285080.jpg


初めて耳にしたその楽器から奏でられる音は、驚く程に繊細で、聴くというよりは、身体にしみこむような感覚に。小学生だった頃、音楽の授業中にバッハの「小フーガト短調」を聴いてなぜか涙があふれてきたことをふいに思い出しました。
内田さんがクラヴィーコードに出会い、演奏されることになった経緯を聞くにつれ、いま、この音色にふれることで気づく大切なことがあるのではないかと。

季節のよいころに、夜、ろうそくの灯での演奏会なんていいなぁ。
年内にARABONでもコンサートが開けたらと思っています。

内田さんは関東にお住まいですが、各地で演奏会をされています。月末には関西でコンサートがふたつ。どちらの会場も気になりながらまだ伺ったことはありませんが素敵なギャラリーです。ぜひ、足をお運びください。

d0259360_2242258.jpg


内田 輝 クラヴィーコードコンサート

14世紀に発明されたクラヴィーコード。
自然界の音、風で木々が揺れる音、鳥の鳴き声、山から流れる水の音などに調和する鍵盤楽器。
神に捧げられたという繊細で美しい音色は、静寂の中でしか聞きとる事が難しい。
しかし、音を聞き取ろうとする程に、私達の耳も自然とひらかれます。
自然とひらいた私達の耳は、日常にひそむ自然界の音に気づくでしょう。
その発見が、私達の暮らしに豊かさをもたらせてくれるでしょう。


4月26日(土)17:30-19:00
e.n.s 川井有沙展 オープニングライブ 京都市南区九条町411−2
1,500円+1ハーブティー  定員25名(要予約)
予約 info@kawai-arisa.jp

4月27日(日)19:00-20:30
SEWING TABLE COFFEE 大阪府枚方市星ヶ丘洋裁学校内
1,500円+1コーヒー 定員20名 (要予約)
予約 090-2045-6821 tamaken@mac.com
[PR]
by dousenbou-arabon | 2014-04-15 08:16 | お知らせ | Comments(0)

お花見

d0259360_22415356.jpg

ARABONにいらっしゃるお客様と、日ごとに花開く桜の傘の下でゆったりお茶をする日々が続いています。
d0259360_22455565.jpg

d0259360_224685.jpg

「本当にこの先にあるのかなぁ…って不安になりながら来ました!」
山の上に住む私達にとっては日常の道も、初めて来られる方にとってはスリリングな山道であることを改めて気づかされた一週間でもありました。ドキドキしながらおこしくださったみなさまに感謝しております。
d0259360_22525523.jpg

d0259360_2253825.jpg

d0259360_2254877.jpg

d0259360_22542249.jpg


去年のきちゃさんのお茶会で教えていただいた桜茶を、おままごとのようにたのしんで。
d0259360_22573275.jpg

おしゃべりに夢中になりすぎて、しおやさんの美味しいお菓子とお抹茶の写真がひとつもありませんが、差し入れの美味しいパンでゆったりランチをしたり、春の草花のお話をたくさん教えていただいたり。村ツアーを堪能した一日もありました。遠路はるばるお越し下さったみなさま、本当にありがとうございました。

金、土以外でもご予約のお客様に対応している日もありますので、お天気が良くてドライブ日和な時など、お出かけ前にご一報ください。溢れんばかりに咲き誇る枝垂れ桜を、ぜひ!
[PR]
by dousenbou-arabon | 2014-04-12 23:17 | ARABON | Comments(0)

d0259360_7561859.jpg

4月初めに小雪が舞った山の上。待ちに待った桜の開花です。

d0259360_88197.jpg

d0259360_873073.jpg

童仙房は明治の開拓の集落なので、この桜もおそらくその頃に植えられたものなんでしょうね。
久しく顧みられなかった桜の木も、こうしてみなさんに愛でてもらえてきっと喜んでいると思います。
d0259360_8192990.jpg

タムシバ
d0259360_8195472.jpg

ガマズミ
d0259360_820872.jpg

ヤマツツジ
d0259360_8202362.jpg




山笑う春のお茶会 10:30〜12:00 残り3席です。
         13:30〜15:00 満席になりました。
       
[PR]
by dousenbou-arabon | 2014-04-11 08:48 | ARABON | Comments(0)

清水善行陶展 「白い土器と磁器」

花冷えのオープニングになりました。
寒さの中かけつけてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。
小屋の枝垂れ桜はまだまだ蕾でしたが、京都の花屋みたてさんのしつらえで、「山笑う春」にぴったりの空間に。


d0259360_23425799.jpg

須恵大壺

d0259360_2343358.jpg

須恵壺 ネコヤナギ、キブシ
d0259360_23445544.jpg

土器鉢 ネコヤナギ、バイモユリ
d0259360_2345852.jpg

白磁壺 ヤマツツジ

d0259360_23471637.jpg

白磁壺 タムシバ
d0259360_23472951.jpg

土器花入 肥後椿
d0259360_23482048.jpg

土器小壷
d0259360_23483045.jpg

土器碗 水仙、栃の葉
d0259360_23483557.jpg

土器碗 笹、カラスノエンドウ
d0259360_23484664.jpg

土器鎹

d0259360_2350331.jpg

土器小壷 原種チューリップ、栃の葉
d0259360_23503480.jpg

岩カガミダマシ、岩ウチワ(右手前)、洋種バイモユリ、青軸ヒトリシズカ(左)
d0259360_23504467.jpg

中国ヤブレガサ、ハルリンドウ
d0259360_2350522.jpg

ハゼ

d0259360_2353536.jpg

金沢の「しおや」さんから美味しい米粉菓子もたくさん届いています。

d0259360_23584865.jpg

夕方、奈良のデルベアさんからおいしい差し入れをいただきながら、偶然の出会いに盛り上がったひと時でした。
来週は寒さもやわらぎ、枝垂れ桜もほころびだすと思います。お天気のよい日はお弁当持参でぜひ、お花見にいらしてください。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2014-04-06 00:34 | ARABON | Comments(0)

山の春。

d0259360_22545648.jpg

山の寒さはきびしく、指折り数えて待つ春の足音は、うぐいすの初鳴き、蕗の薹、マンサクの花。
それから桜が咲くまでは、ずいぶんと時間がかかります。ARABONの枝垂れ桜もうっすらピンクがかってきましたが、今日もまだ蕾のままでした。
d0259360_2330195.jpg

今回の展示会のしつらえは、京都の花屋みたてさんにお願いしました。お子さんつれで散策しながらも、目の付けどころがさすがです。「春はまるで山が笑っているようだ」と詠われたように、春の山は喜びにあふれていました。
d0259360_23462977.jpg

清水善行の新作展「白い土器と磁器」。みたてさんの花が生けられて、やわらかな表情の中にも凛とした空気が漂っています。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2014-04-03 23:54 | ARABON | Comments(0)

お茶を愉しむ。

d0259360_22405753.jpg

ARABONのある京都南山城村は宇治茶の主産地です。
そんな地で暮らしながらお茶に親しみ、出張茶館喜喜茶さんとの出会いでもう一歩先に。


d0259360_22432653.jpg

緑茶、紅茶、烏龍茶。どれも同じお茶の木からできることを教えてもらいました。
もちろん品種や産地によって味はさまざまです。

d0259360_2250077.jpg


d0259360_22545769.jpg

d0259360_2255521.jpg

d0259360_2305262.jpg


喜喜茶さんの中国茶教室のような、ゆったりと心落ち着く時間をみなさんとご一緒したくて、今年のお茶会は少人数で企画しました。

4月19日(土) 出張茶館 喜喜茶 春のお茶会

10:30-12:00 残り5席です。
13:30-15:00 満席になりました。

会費3500円 

清水善行の新作の器で中国新茶2、3種類と点心、お菓子をいただきながら、
喜喜茶さんから中国茶の愉しみ方をおしえていただきます。

d0259360_2344748.jpg



今日はどこに行っても桜が満開でうっとりでしたが、山の春爛漫はもうすこし先のよう。
枝垂れ桜の下でのお茶会がいまからとってもたのしみです。
[PR]
by dousenbou-arabon | 2014-04-02 23:43 | お知らせ | Comments(0)